418l+xwn57L
 
田中功起:必然的にばらばらなものが生まれてくる
 
新刊のご案内 
田中功起『必然的にばらばらなものが生まれてくる』2014年9月 刊行
 

アーティストにとっての震災以前/以後、美術を取り囲む制度、美術史を参照することについて、「関連性の美学」以後のアプローチ、展覧会のヒエラルキー、 アートとアクティヴィズムの問題等、アーティストとして今の状況を生きていくことから生まれ出る様々な問題、課題を、記述や対話を通して問題提起し、思索を重ねていく、田中功起の「質問する その1(2009-2013)」(2013年刊)に続くテキストによる実践集。
ヴェネチア・ビエンナーレのコラボレーション(協働作業)とコレクティヴ・アクト(集団行為)から、1998年の初期の映像作品まで、現在から過去へ年代順に遡り、27のテーマに分けて「作品」と「制作行為」を具体的に論じた書き下ろしテキストと共に、展覧会カタログや美術雑誌への寄稿のほか、2000年 に野比千々美名義で発表した評論を再録。 東京国立近代美術館キュレーターの蔵屋美香、美術家の藤井光との対話「考えつづけること、位置を確認すること」と、評論家の林卓行との対話「Q&Aセッション」を収録。

 

出版社: 武蔵野美術大学出版局 (発行日:2014/8/28) http://www.musabi.co.jp/books/463018/

A5判変型 20.8 × 14 × 2.8 cm/上製本/特色刷(6色)/288頁/ISBN 978-4-86463-018-4 C3070/定価:3,240円(本体価格:3,000円)

 

 

 

また、9月17日より10月下旬まで刊行を記念してジュンク堂書店池袋本店で「アーティストの本棚 by 田中功起」を開催しております。

 

アーティストの本棚 by 田中功起
開催期間:9月17日(水)~10月下旬(予定)
開催場所:ジュンク堂書店池袋本店9F(芸術書 売り場下りエスカレータ前)
 東京都豊島区南池袋2-15-5
電話番号:03-5956-6111
営業時間:月~土10:00-23:00 (日・祝10:00-22:00)
企画:武蔵野美術大学出版局

 

 

koki_2013

田中功起:質問する その1(2009-2013)

新刊のご案内

田中功起『質問する その1(2009-2013)

サイズ : 四六判変形(185×118mm)

仕様 :ソフトカバー(ENバインディング製本)/ 360頁

デザイン : 森大志郎

定価:(本体1,900円+税)

ISBN : 978-4-905178-01-9 C0070

発行年 : 2013年7月

発行元:株式会社アートイット http://www.art-it.asia/i/tanaka_book/index.html

 

2009年からウェブマガジン『ARTiT』上でスタートした、アート界の前線で活動する気鋭のキュレーター、作家、批評家ら8名に「つくること」「みること」「作品」についての意見を交わした、公開往復書簡を書籍化した1冊です。

往復書簡のゲスト:土屋誠一(美術批評家)、成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員)、保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)、冨井大裕(美術作家)、沢山遼(美術批評家)、林卓行(美術批評家)、片岡真実(森美術館チーフ・キューレ-ター)、西川美穂子(東京都現代美術館学芸員)

 

また、7月17日にはCNAC LABにて 田中功起 × 佐々木敦 新刊 田中功起『質問する その1(2009-2013)』発行記念トーク が開催されます。 

http://www.cnac.jp/lab/symposium/