田中 功起 Koki Tanaka

 

1975年 栃木県生まれ
京都府在住

 

ツイッター:@kktnk
ウェブサイト:http://kktnk.com/

ポッドキャスト・プログラム「言葉にする」(2008年~)
メール往復書簡「質問する」(2009年~)

 

書籍
『共にいることの可能性、その試み、その記録』(grambooks、2016年)
『Precarious Practice』(Hatje Cantz、2015年)

『必然的にばらばらなものが生まれてくる』(武蔵野美術大学出版局、2014年)
『質問するその1(2009 – 2013)』(ART iT、2013年)
『Abstract Speaking – Sharing uncertainty and collective acts』(NERO Magazine、 国際交流基金、2013年)

 

参加グループ
ARTISTS’ GUILD

基礎芸術

 

Studies and Residency Programs

2012 qwatzレジデンスプログラムによりイタリアローマに滞在
2009-2012 文化庁新進芸術家海外留学制度(推薦:山本和弘)にてロサンゼルスに滞在・制作

2007 サマーアカデミー、パウル・クレー・センター(ベルン)に参加
2005-2006 ポーラ美術振興財団の助成およびフランス政府給費留学生としてLe Pavillon(パレ・ド・トーキョー)に参加、パリに滞在
2005 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了
2004 アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)の助成によりロケーション・ワンに参加、ニューヨークに滞在
2000 東京造形大学造形学部美術科絵画専攻卒業、同年武蔵美術大学出版編集室(現出版局)に編集者として勤務
1998 ウィーン芸術アカデミー(オーストリア)に短期留学

 

Award

2015 ドイツ銀行 アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞
2013 第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術 ソロ・プロジェクト 特別表彰受賞

 

Selected Solo Exhibitions

2016 「Poet and Potter,」 (Curator: Karin Oen) Asian Art Museum、サンフランシスコ
2016 「Provisional Studies: Action #5 Conceiving the Past, Perceiving the PresentThe Showroom、ロンドン、イギリス
2016 
「共にいることの可能性、その試み」(企画 :竹久侑)水戸芸術館 現代美術ギャラリー、茨城
2015 「Vulnerable Narrator」 ドイツ銀行クンストハレ、ベルリン、ドイツ
2015 「DA Vulnerable Narrator, Deferred Rhythms」MACRO – Museo d’Arte Contemporanea Roma、ローマ、イタリア 
2014 「A Piano Played by Five Pianists at Once (First Attempt),」 (Curator: Bernard Etienne)、Passerelle Centre d’art contemporain、Brest、フランス

2013 「抽象的に話すこと ― 不確かなものの共有とコレクティブ・アクト」(企画:蔵屋美香)第55回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館、ヴェネチア、イタリア
2012 「A Piano Played by Five Pianists at Once (First Attempt)」(企画:Juli Carson)Room Gallery, カリフォルニア大学アーバイン校、アーバイン、アメリカ
2011 「雪玉と石のあいだにある場所で」、青山|目黒、東京
2011 「Dog, Bus, Palm Tree」 The Box, ロサンゼルス、アメリカ
2010 「Nothing Related, but Something could be Associated,」(企画: Julio Cesar Morales) イエルバ・ブエナ・アート・センター、サンフランシスコ、アメリカ
2010 「Random Hours, Several Loations」、YYZ Artists’ Outlet、トロント、カナダ
2009 「on a day to day basis」(企画:Hu Fang)、Vitamin Creative Space、広州、中国
2009 「シンプルなジェスチャーに場当たりなスカルプチャー」、青山|目黒、東京
2008 「たとえばここ最近の作品をすこし違ったかたちでみせること」(企画:田中龍也)、群馬県立近代美術館、高崎
2008 「夏の終わり:New Paintings」、青山|目黒、東京(カタログ)
2007 「Turing the Lights on」(企画:原万希子)、Centre A、ヴァンクーバー、カナダ
2007 「サウンドテストほか」NADiff、東京
2007 「Everything is Everything」ミュージアム・スタジオ、広島市現代美術館、広島
2007 「第一回田中功起ショー『いままでのこと、さいきんのこと、これからのこと』」(企画:坂元暁美)、上野の森美術館ギャラリー、東京
2007 「立てることと倒すこと」(企画:マーク・オリヴィエ・ウァラー+三木あき子)、モジュール、パレ・ド・トーキョー、パリ、フランス
2005 「原因が結果」NADiff、void+、青山|目黒、東京
2005 「SAVE THE WORLD ! @ MEGURO」、青山|目黒、東京
2004 「覚醒 in the air RETURNS」、青山|目黒、東京
2004 「特別展示 田中功起 買物袋、ビール、鳩にキャビアほか」(企画:田中龍也)、群馬県立近代美術館、高崎(カタログ)
2004  「田中功起展─すべての夜のすべてについて」、ギャラリーキャプション、岐阜(カタログ)
2002 「SAVE THE WORLD!」、ルーム、ジャンティ、フランス
2002 「覚醒 in the air」、オンギャラリー、大阪
2001  「田中功起展─隠れ作業」、ギャラリーαM、東京(リーフレット)
2000  ナガミネプロジェクツ、東京

 

Selected Group Exhibitions

2017 「ミュンスター彫刻プロジェクト」ミュンスター、ドイツ
2017 「Venice Biennale」ベネチア、イタリア
2016 「リバプールビエンナーレ2016」Open Eye Gallery、リバプール、イギリス
2016 「Tell Me a Story: Locality and Narrative,」 (Curators: Amy Cheng, Hsieh Fong-Rong)、Rockbund Art Museum、上海
2016 「Trace of Existence,」 (Curators: Philip Tinari and Guo Xi), Ullens Center for Contemporary Art, 北京
2015 
「パレ・ド・キョート/現実のたてる音」(企画:長谷川新)Art Zone、京都
2015 「No Museum, No Life?,」東京国立近代美術館、東京
2015 「Mobile M+: Moving Images ,」 (Curator: Yung Ma) M+, Midtown POP, Cattle Depot Artist Village, 香港

2015 「Transformation Marathon」 Serpentine Sackler Gallery、サーペンタイン・ラジオ、ロンドン
2015 「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015」( アーティスティックディレクター:河本信治 )、京都市美術館 他、京都
2015 「Discordant Harmony: Critical Reflections on the Imagination of Asia」 (キュレーター: Chien-Hung Huang , Carol Yinghua Lu, Yukie Kamiya, Sunjung Kim)、Art Sonje Center、ソウル、韓国
2014 「Stolen Names,」京都アートセンター
2014 「Play Time – Les Ateliers de Rennes – biennale d’art contemporain,」 (Curator: Zoe Gray),  Renne, Musée des beaux-arts de Rennes, Frac Bretagne, Rennes, フランス

2014  「ポジションズ」(キュレーター: Nick Aikens)、ファン・アッベ美術館、アイントホーフェン、オランダ
2014  「ジャーナル」 (キュレーター: Matt Williams)、インスティテュート・オブ・コンテンポラリー・アーツ(ICA)、 ロンドン
2014 「The Part In The Story Where A Part Becomes A Part Of Something Else,」 (A part of Moderation(s) by Heman Chong), Witte de With, ロッテルダム

2014  「Frieze Projects 2014 Frameセクション」 (キュレーター: Cecilia Alemani)フリーズニューヨーク、NY
2013 「映画をめぐる美術 – マルセル・ブロータースから始める」京都国立近代美術館、京都・東京国立近代美術館、東京(2013–14)
2013 「マンハッタンの太陽」(キュレーター:山本和弘栃木県立美術館、栃木
2013 「Unknown Forces,」 (Curator: Kim Sunjung), Tophane i Amire Culture and Arts Center, イスタンブール、トルコ(cat.)

2013 「2013 カリフォルニアパシフィックトリエンナーレ」 (キュレーター:Dan Cameron) オレンジカウンティ美術館、CA、アメリカ
2013 「Freak Out!,」Greene Naftali Gallery, ニューヨーク
2013 「Geometrie Variable,」 Super Window Project, Domaine les Crayeres, Reims, フランス

2013 「Re: Quest – Japanese Contemporary Art since the 1970s」(企画:松本透、拝戸雅彦、神谷幸江、オ・ジニ)国際交流基金、ソウル大学美術館
2012 「MOTアニュアル2012 Making Situations, Editing Landscapes 風が吹けば桶屋が儲かる」(企画:西川美穂子)東京都現代美術館
2012 「美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年」東京国立近代美術館
2012 「Made in L.A.」(キュレーター:Anne Ellegood, Ali Subotnick, Lauri Firstenberg, Cesar Garcia and Malik Gaines)ロサンゼルス・ビエンナーレ/ハマーミュージアム、LAXART and Los Angeles Municipal Art Gallery at Barnsdall Park、ロサンゼルス
2012 「Human Factor」 (キュレーター:Beatrice Leanza) Museo Pietro Canonica、ローマ、イタリア
2012 「HIRATA ARAKAWA OKUMURA TANAKA,」Raster, Warsaw、ポーランド
2012 「Ça & là / this and there」(キュレーター:Claude Closky) Fondation d’entreprise Ricard、パリ
2012 「Sculpture by Other Means」(キュレーター:Gabriel Ritter) ONE AND J. GALLERY、ソウル、韓国
2012 「Sensory Training」ビタミンクリエイティブスペース、広州、番禺区、中国
2012 「Trading Futures」(キュレーター: Meiya Cheng and Pauline J. Yao) Taipei Contemporary Art Center、台湾
2012 「Inside The Whale」 (キュレーター:Matteo Pollini), FaMa Gallery、Verona、イタリア
2011 「La Fabrique Sonore, Expérience Pommery#9」 (キュレーター: Charles Carcopino & Claire Staebler), Domaine Pommery、Reims、フランス
2011 「Une fenêtre japonaise : Soshi Matsunobe, Takashi Suzuki, Koki Tanaka」 (キュレーター:Baron Osuna), Super Window Project / GDM…, galerie de multiples、パリ、フランス
2011 「ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR 世界はどこまで知ることができるか?」 (企画: 逢坂恵理子+三木あき子)横浜美術館、横浜
2011 「画像進化論 – メディア的進化と創造的退行のダイナミズム」(企画:山本和弘)栃木県立美術館
2011 「Support > System」 (Curators: Marco Rois, Gina Osterloh), Luckman Gallery, Luckman Fine Arts Complex、ロサンゼルス
2011 「Conversation With Mathieu Mercier, Takaaki Izumi, Yuki Kimura, Soshi Matsunobe, Kaz Oshiro, Koki Tanaka About Abstract Objects」 Muzz、Super Window Project、京都
2011 「Making is Thinking」 (企画: Zoe Gray)Witte de With, Center for Contemporary Art、ロッテルダム、オランダ
2010 「Koki Tanaka & Naotaka Hiro / Kaz Oshiro / John Tottenham」 Las Cienegas Projects、ロサンゼルス、アメリカ
2010 「A Rock That Was Taught It Was A Bird」 (企画: Emma Bugden) Artspace、オークランド、ニュージーランド
2010 「The Dictionary of Received Ideas」(企画: Matteo Pollini and the other 15 from Goldsmiths College MFA Curating Programme)、Q、ロンドン
2010 「Let’s Twist Again, The Archaeology of the Future」Centre A、ヴァンクーバー、カナダ
2010 「ONE AND J.GALLERY at PIERRE KOENIG」CASE STUDY HOUSE #21、ロサンゼルス、アメリカ
2010 「新潟への旅」(企画:北川フラム)新潟市美術館、新潟
2010 「フランス/日本:大学間交流プロジェクト「DOUBLE VISION」映像におけるフィクション/リアリティ」東京ワンダーサイト渋谷、東京
2009 「Circus Hein」(企画:Jeppe Hein)、 Frac Centre, Orléans, Atelier Calder、Saché、フランス
2009 「EMPORIUM – A New Common Sense of Space」(企画:Beatrice Leanza)、Museo della Scienza e della Tecnica Leonardo Da Vinci、ミラノ、イタリア
2009 「Just around the corner」(企画:Chen Shaoxiong and Pauline J. Yao)、Arrow Factory、北京、中国
2009 「Whose exhibition is this?」(企画:Fang Wei Chang) Taipei Fine Arts Museum、台湾
2009 「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」(企画:松井みどり)、原美術館、東京
2009 「Curated by; Inside Job」(企画:Dan Cameron, Maria de Corral) Layr Wuestenhagen Contemporary、Vienna、オーストリア
2009 「Portrait of Self-Exile (part 1)」the shop/Vitamin Creative Space、北京、中国
2009 「The view from elsewhere」(企画: Kathryn Weir)Sherman Contemporary Art Foundation, Sydney/Gallery of Modern Art/Australian Cinematheque、Brisbane、オーストラリア
2009 「インシデンタル・アフェアーズ うつろいゆく日常性の美学」(企画:大島賛都)、サントリーミュージアム[天保山]、大阪
2008 「Platform Seoul 2008: I have nothing to say and I am saying it」(企画:Kim Sunjung)、Samuso、ソウル、韓国
2008 「第7回光州ビエンナーレ、Annual Report : A Year in Exhibitions」(ディレクター:Okwui Enwezor, Co-Curators: Hyunjin Kim、Ranjit Hoskote)、光州、韓国
2008 「Busan Biennale 2008; Sea Art Festival, Voyage Without Boundaries」(企画:Jeon Seung-bo)、釜山、韓国
2008 「Mode & Verzweiflung (Fashion & Despair)」(企画:Brigitte Felderer, Eva Blimlinger)、Freiraum、quartier21/MuseumsQuartier、ウィーン、オーストリア
2007 「日本の新進作家vol.6スティル/アライヴ」(企画:石田哲朗)東京都写真美術館
2007 「美麗新世界: Contemporary Visual Culture from Japan」(企画:片岡真美、住友文彦、キム・ソンジュン)ロング・マーチ・スペース他、北京/広東美術館、広州
2007 「Spectacle and Situation」(企画:ハーベルト・ラクマイヤー、ブリギッテ・フェルドラー)パウル・クレー・センター、ベルン
2007 「Vol 4」大和ラヂエーター製作所ヴューイング・ルーム、広島
2007 「La Chaine」BankART 1929, BankART Studio NYK、横浜
2007 「Re-trait」(Curator: Claire Staebler)、 Fondation d’entreprise Ricard、パリ
2007 「夏への扉、マイクロポップの時代」(企画:松井みどり)、水戸芸術館、水戸
2007 「笑い展、現代アートにみる「おかしみ」の事情」(企画:片岡真美)、森美術館、東京
2007 「国立新美術館開館記念展、20世紀美術探検 アーティストたちの三つの冒険物語」(企画:南雄介)、国立新美術館、東京
2006 「2006台北ビエンナーレ、ダーティ・ヨガ」(企画:ダン・キャメロン、ジュン・ジャー・ワン)、台北市立美術館、台湾
2006 「Pawel Althamer, In the Centre Pompidou」、Espace315、ポンピドー・センター、パリ、フランス
2006 「Welcome to Heterotopia!」(企画:パスカル・ブース)、大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006、越後妻有6市町村、新潟
2006 「Fast Futures: Asian Video Art – New Works by Three Artists」(企画:メリッサ・チュー、バーバラ・ロンドン、ユー・ユエン・キム)、ジャパン・ソサイエティ、ニューヨーク、アメリカ
2006 「Le Cabane」(企画:パスカル・ブース)、パレ・ド・トーキョー、パリ、フランス
2006 「Radio Kills The Video Stars」(企画:ローレンス・ドレイフス、フランソワ・クュアンタン)、FRAC Champagne-Ardenne, ランス、フランス
2005 「GUNDAM―来るべき未来のために」(企画:東谷隆司)、サントリーミュージアム[天保山]、大阪/上野の森美術館、東京、他
2004  「アウト・ザ・ウィンドウ」(企画:李振華、ソ・シンソク、住友文彦)、国際交流基金フォーラム、東京
2004  「六本木クロッシング:日本美術の新しい展望2004」(企画:東谷隆司、原久子、畠中実、飯田高誉、片岡真美、紫牟田伸子)、森美術館、東京
2004  「Artists in Residence 2004」、ロケーション・ワン、ニューヨーク、アメリカ
2004  「Officina Asia」、ボローニャ近代美術館、イタリア
2004  「ピクチャー・イン・モーション」(企画:山本和弘)、栃木県立美術館、宇都宮
2003  「ダブルポジティブ2」(企画:眞島竜男)、府中市美術館、東京
2003  「VOCA展2003 現代美術の展望―新しい平面の作家たち」、上野の森美術館、東京
2003  「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003」、越後妻有6市町村、新潟
2003  「心の在り処:日本の現代美術」(企画:前山裕司)、ルードヴィッヒ美術館、ブダペスト、ハンガリー/モスクワ市現代美術館、ロシア
2002 「田中達―two solo shows」、コオジオグラギャラリー、名古屋
2002 「スクリーン・メモリーズ」(企画:飯田高誉)、水戸芸術館現代美術ギャラリー、水戸
2002 「フィリップモリスK.K.アートアワード2002 ザ・ファースト・ムーブ」、東京国際フォーラム、東京
2002 「メディア・テスト・ウォール SPINNING」、MIT リスト・ヴィジュアル・アーツ・センター、ケンブリッジ、アメリカ
2002 「ロストワールド―記憶の遊園」(企画:都筑正敏)、豊田市美術館、豊田
2002 「会田誠、田中功起」、ミヅマアートギャラリー、東京
2002 「熊本国際美術展 アティテュード 2002―心の中の、たったひとつの真実のために―」(企画:南嶌宏)、熊本市現代美術館、熊本
2001 「セゾンアートプログラム・アートイング東京2001 生きられた空間・時間・身体」(企画:中村麗)、旧新宿区立牛込原町小学校、東京
2000 「ZOKEI展」、東京造形大学、東京
1999 「License to LOVE」、東京芸術大学学生会館、東京
1999 「peaceful misunderstanding」、世田谷美術館区民ギャラリー、東京
1997 「トーキョーセンタクキ」、第一、第二清和荘、東京

 

Selected Collective acts

2015
10/23 一時的なスタディ「オープン・ディスカッション #3 東京オリンピック 1940 1964 2020」田中功起+基礎芸術 共同企画、トーキョーワンダーサイト本郷、東京
10/17  不安定なタスク#15 「Exchange of our Clothes and Books as Exchanging our Body and Thoughts,」 Transformation Marathon, Serpentine Sackler Gallery, ロンドン

3/26 – 5/25 不安定なタスク#14 「Collective knowledge for an equal society 」ドイツ銀行

2014
12/20 不安定なタスク#13 「持ち寄った服を交換する」blanClass、横浜
10/5  不安定なタスク#12 「“Walking with dogs」Play Time. Les Ateliers de Rennes – Biennale d’art contemporain, Rennes、フランス
7/5  不安定なタスク#11 「Call out all names in a city」ファン・アッベ美術館、アイントホーフェン、オランダ
7/4  不安定なタスク#10 「Go to a bar located over 20 km from a museum to drink, discuss and watch a film about nuclear power problem.」ファン・アッベ美術館、アイントホーフェン、オランダ
6/27, 6/28 「不安定なタスク#9: “24hrs Gathering」ICA、ロンドン

2013
8/30  不安定なタスク#7  「黄色い布を身につけている間はある特定の社会問題(この場合は反原発)について意識し続ける」青山|目黒、東京
4/19, 4/20 不安定なタスク#6「16.7m 以上の高さのビルに行く」 (A part of Moderation(s) by Heman Chong), Witte de With、ロッテルダム
1/25  不安定なタスク#4「夢を共有し、物語にする」 blanClass、横浜
1/9 「ペインティング・トゥー・ザ・パブリック」(MOMATからGallery αMまで), Gallery αM、東京

2012
11/2 不安定なタスク#3「都心から郊外まで歩く」プライベート・イベント
11/9 不安定なタスク#2「非常食を食べながら名前について話す」blanClass、横浜
11/6 「ワークショップ 打ち合わせ キュレーションと教育と未来」、CSLAB、東京造形大学
10/30 「ダイアローグ・トゥー・ザ・パブリック(JR 山手線)」(加治屋健司、Hu Fang、杉田敦、
中功起)、JR 山手線車内、東京都現代美術館、東京
9/29 不安定なタスク#1、 「懐中電灯を振りながら夜の街を歩く」blanClass、横浜
9/23 不安定なタスク#0、 「コミューナル・ティー・ドリンク」too much magazine、青山目黒、東京
3/24「ペインティング・トゥー・ザ・パブリック(open-air)」(目黒区美術館から青山目黒まで)、自主企画、東京

 

Selected Video Screenings

2011 「Koki Tanaka: Buckets and Balls」LIFT Projects, ArtHouse at the Jones Center、テキサス、アメリカ
2010 「六本木アートナイト2010」六本木ヒルズ、東京
2010 「Videozoom Japan; Re-framing the Everyday: Japanese video art over the last decade」(企画:Kenichi Kondo), Sala1 International Center for Contemporary Art、ローマ
2008 「In Between, Asian Video Art Weekend」森美術館、東京
2008 「Projeto Cinema de Corredor, Mostra Koki Tanaka」 (企画:Wagner Morales), B_arco Brasil Arte Contemporanea、サンパウロ、ブラジル
2007 「Out of the Ordinary: New Video from Japan」 (キュレーター:Gabriel Ritter) The Museum of Contemporary Art, ロサンゼルス、アメリカ
2006 「Festival of Love: Video Art Series」アジア・ソサイエティ・アンド・ミュージアム、ニューヨーク、アメリカ
2005 「Premieres」(企画:バーバラ・ロンドン)、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、ニューヨーク、アメリカ
2005 「Marking Time」(企画:グレン・フィリップス)、ゲッティ・センター、ロスアンゼルス、アメリカ
2005 「ピクチャー・イン・モーション DeLuxe」(企画:山本和弘)、栃木県立美術館、宇都宮
2002 「AIT HOUR MUSEUM」、旧櫻川小学校体育館、東京
2002 「アジアン・コメント」、デンマーク文化振興センター、コペンハーゲン、デンマーク

 

Selected Web Streaming

2008 「koki tanaka works」 http://kktnk.com
2006 
「万物理論」(企画:奥村雄樹)http://homepage.mac.com/m_plus_n/theory_of_everything/
2004 
「City/Observer」(企画:神谷幸江)Rhizome.Orgとニューミュージアム、ニューヨーク、アメリカ http://rhizome.org/art/exhibition/city/

 

Selected Performance

2006 「KOKI TANAKA SHOW」(Webストリーミングによるトーク・ショウ)、MALBA、ブエノス・アイレス、アルゼンチン、パレ・ド・トーキョー、パリ、フランス

 

Selected Museum Collection Show

2015 「When Documents Become Forms」広島市現代美術館、広島
2014 「MOT collection Chronicle 1995 – ,」東京都現代美術館、東京
2013 「CAMK collection vol.4  Veni, vidi, vici. Kumamoto!,」 熊本市現代美術館、熊本
2011 
「Trans-Cool TOKYO, Contemporary Japanese Art from MOT Collection」台北市立美術館
2011 「Invisibleness is Visibleness: International Contemporary Art Collection of a Salaryman- Daisuke Miyatsu,」MOCA、台北
2010 「Trans-Cool TOKYO, Contemporary Japanese Art from MOT Collection」Bangkok Art and Culture Centre, Bangkok, Singapore Art Museum、シンガポール
2009 「CAMKコレクション vol.3 メリー・ゴー・ラウンド―煌めきと黄昏」、熊本市現代美術館、熊本
2009 「コレクション展2 Everyday/Everynight」、広島市現代美術館、広島
2009 「MOT コレクション 夏の遊び場」、東京都現代美術館、東京
2009 「MOTコレクション MOTで見る夢」、東京都現代美術館、東京
2008 「MOT コレクション サヴァイバル・アクション」、東京都現代美術館、東京
2008 「コレクション展2 他のお客様の迷惑となりますので、展示室ではお静かにご鑑賞ください。美術の「さわがしさ」について」、広島市現代美術館、広島

 

Works in Public & Private Collections

Orange County Museum, Newport Beach, USA
Artnow International Foundation, San Francisco, USA
Asian Society and Museum, New York, USA
FRAC Champagne-Ardenne, France
Kadist Foundation, Paris, France
Dallas Museum of Art, Texas, USA
M+ West Kowloon Cultural District, Hong Kong, China
Deutsche Bank

森美術館
東京都国立近代美術館
東京都現代美術館
熊本市現代美術館
栃木県立美術館
広島市現代美術館
群馬県立近代美術館
愛知県美術館
大和プレス