Koki TANAKA: 57th Biennale di Venezia | Viva Arte Viva (Venice, Arsenale)

 

5.13 – 11.26, 2017

 

curated by Christine Macel

Exhibition venues: Giardini and Arsenale

Date: May 13 – November 26, 2017

Opening: May 10, 2017
Vernissage: May 10th – 11th – 12th 2017
Official Opening and Award Ceremony: May 13th 2017

 

We are delighted to share that Koki Tanaka is participating in the 57th Venice Biennale:
His work is part of the main exhibition VIVA ARTE VIVA, curated by Christine Macel.

More info:
http://www.labiennale.org/en/art/index.html
Preview programme
Download brochure and maps

photo_hanaga

1967年12月9日 ゼロ次元(加藤好弘)「全裸防毒面歩行儀式」(撮影:羽永光利)

 

ART PHOTO TOKYO -edition zero- /Booth 311(茅場町共同ビルディング・東京)


11.17 – 20, 2016

Booth: 3F, 311
Artists:羽永光利、田中功起、折元立身、橋本聡

日時:VIP招待:2016年11月17日(木)
First Choice: 15:00-17:00
Opening Reception: 18:00-21:00

一般開場:2016年11月18日(金)-20日(日)
開場時間:11月18日(金)・19日(土) | 12:00 – 20:00
11月20日(日) | 12:00 – 17:00
※最終入場は閉場の30分前
会場:茅場町共同ビルディング・東京
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1丁目6-12
東京メトロ茅場町駅(日比谷線・東西線)9番出口直結
入場料:一般1500円、学生500円、小学生以下無料

More info:ART PHOTO TOKYO -edition zero-

 

tanaka.photo

田中功起, I considered the title of this work but it never come up. Following things could be related to the title.
1) I love to go out from the exhibition space because of BankART facing the sea.
2)There are so many trashes which some artists made and showed as art work before in BankART.
3) I want to make a raft using those trashes.
4) I think it’s not a question that the raft float on water or not but it’s good to be floating there.
, 2007, 400x600mm, ed.5

 

photo_orimoto

折元立身, The Document of ANIMAL ART 1978 – 2014 (LIMITED BOX), 2015, Movies, Catalogue raisonne, Photo, Box made of paulownia

 

photo_satoshi

橋本聡, Photographer: Bodybuilder, 2012, 73.8×110.8cm, ed.2of 5

dave-sinclair

Youth Training Scheme Protest, Liverpool, 25 April 1985. Photo courtesy of Dave Sinclair


Koki Tanaka: Liverpool Biennial 2016 (Open Eye Gallery, UK)

 

7.9 – 10.16, 2016


Liverpool Biennial


Festival of Contemporary Art

July 9–October 16, 2016

www.biennial.com

Twitter / Instagram / Facebook / #Biennial2016

Entrance to all exhibitions is free.

 

Artists:
Lawrence Abu Hamdan (Jordan/UK/Lebanon), Andreas Angelidakis (Greece/Norway), Alisa Baremboym (USA), Lucy Beech (UK), Mariana Castillo Deball (Mexico), Yin-Ju Chen (Taiwan), Ian Cheng (USA), Céline Condorelli (Italy/Switzerland/France), Audrey Cottin (France/Belgium), Koenraad Dedobbeleer (Belgium), Jason Dodge (USA), Lara Favaretto (Italy), Danielle Freakley (Australia), Coco Fusco (USA), Marvin Gaye Chetwynd (Australia/UK), Fabien Giraud & Raphaël Siboni (France), Hato (UK), Ana Jotta (Portugal), Samson Kambalu (Malawi/UK), Oliver Laric (Austria), Mark Leckey (UK), Adam Linder (Australia), Marcos Lutyens (UK), Jumana Manna (Palestine), Rita McBride (USA), Dennis McNulty (Ireland), Elena Narbutaite (Lithuania), Lu Pingyuan (China), Michael Portnoy (USA), Sahej Rahal (India), Hesam Rahmanian, Ramin and Rokni Haerizadeh (Iran), Koki Tanaka (Japan), Villa Design Group (UK/USA), Krzysztof Wodiczko (Poland), Betty Woodman (USA), Arseny Zhilyaev (Russia)

 

Liverpool Biennial 2016 explores fictions, stories and histories, taking viewers on a series of voyages through time and space, drawing on Liverpool’s past, present and future. These journeys take the form of six ‘episodes’: Ancient Greece, Chinatown, Children’s Episode, Software, Monuments from the Future and Flashback. They are sited in galleries, public spaces, unused buildings, through live performance and online. Many of the artists have made work for more than one episode, some works are repeated across different episodes, and some venues host more than one episode. 

 

Koki Tanaka Location:

Open Eye Gallery

19 Mann Island
Liverpool
L3 1BP

Open: daily 10am – 6pm

Collaborating Curator: Thomas Dukes.

 

When Koki Tanaka visited Liverpool for the first time, he came across a book, Liverpool in the 1980s, by photographer Dave Sinclair. The book contains images of a mass protest against the Conservative Government’s Youth Training Scheme, criticised as a means of providing cheap labour with no guarantee of a job at the end.

In Liverpool, where youth unemployment was as high as 80 percent in some areas, 10,000 young people took to the streets in opposition to the initiative. The march, which took place on 25 April 1985, began outside St George’s Hall and moved quickly down Dale Street, past the Town Hall, ending at the Pier Head. This wasn’t the route the organisers had planned, but the sheer enthusiasm of the students meant that the crowd moved fast and was hard to contain. For Tanaka, Sinclair’s photographs show an unusual combination of energy, optimism, joy and anger.

In June 2016, Tanaka revisited the scene of the protest, inviting original participants to share their memories of the event. They were joined by young people in order to reflect on the way in which the future that the students fought for in 1985 relates to the present political situation. This walk has been documented, and the resulting film is presented as part of the Children’s Episode and the Flashback episode, alongside photographs by Dave Sinclair.

 

(via: http://www.biennial.com/2016/exhibition/locations/open-eye-gallery_4)

 

KK1_7647

Koki Tanaka : Provisional Studies: Action #5 Conceiving the Past, Perceiving the Present (The Showroom, London, UK)

4.29 – 6.18, 2016

 

Date: 29 April – 18 June 2016

Venue: The Showroom
63 Penfold Street
London NW8 8PQ

Opening hours:
Wednesday – Saturday, 12-6pm

Event:
Koki Tanaka: Precarious Tasks #15: Exchange of Our Clothes and Books as Exchanging Our Body and Thoughts (Reconfiguration)

8 June 2016
Event Koki Tanaka: Night Market Revisited from 19th Century to Take a Stand

 

The commission is also supported by Vitamin Creative Space, The Japan Foundation, The Daiwa Anglo-Japanese Foundation and the Great Britain Sasakawa Foundation.

Liverpool Biennial and The Showroom are working in partnership on the commissioning of Koki Tanaka’s work in 2016.

Thanks to Lisson Gallery for equipment support.

 

More info: Koki Tanaka   The Showroom

 

A major new commission by Japanese artist Koki Tanaka, which will be his first solo exhibition in the UK.

Working with collaborative processes, Tanaka’s project departs from his curiosity about the local histories of The Showroom’s neighbourhood, Church Street. Through a series of collective actions involving a range of contributors, including local historians, senior citizens and school children, Tanaka suggests a composite approach towards how to read the present through the past, and about how these can be starting points for new social possibilities.

The staging of collective actions has been a central component of Tanaka’s work to date. Through sometimes seemingly absurd tasks – ranging from collective haircuts to piano playing and tea making – he develops scenarios where group dynamics and behaviours expose how multiplicity is a central part of contemporary experience. Tanaka sets up situations and allows them to play themselves out; believing that how we behave in a micro-society has implications for society has a whole.

At The Showroom he approaches the local vicinity as an archive of historical knowledge and events that retain a presence, and will summon these through communal actions and proposals in the lead up to and during the exhibition. Historical instances include the subversion of licensing laws when theatre goers had to swap buns for theatre tickets; brewing on the site of Paddington Green police station; the heavy bombing of the area in World War 2; the history of The Showroom’s building when occupied by the Palmer Tyre Company, who produced wheels, tyres, brakes and gun turrets for wartime fighter and bomber aircraft; and more recent histories of migration.

The actions and proposals include:

Local History Research Tour Towards The Green Man Pub
A group tour of local historical sites, including the war memorial on Hatton Street, ending at The Green Man pub.

Reading Aloud People’s Names in the Community
Pupils from King Solomon Academy compile a list of names of people in the community – such as shopkeepers, stallholders and school canteen workers – for a Roll Calling performance at Church Street market, referencing acts of communal remembrance.

Eating the History, Reflecting the Present (Whose Victory?)
Leading out of Tanaka’s interest in ‘victory gardens’ which were set up during World War 2 to help feed the nation, local residents will work with the artist to make food for The Showroom’s neighbourhood networking lunch, using wartime recipes and ingredients that were typically grown in victory gardens. The group will eat surrounded by film footage of air raids, the sound of contemporary bombing raids, and tyre fragments referencing The Showroom building’s former use during the war.

Durational Proposal: Walking as Someone Else or Someone Who Lived a Long Time Ago

Precarious Tasks #15: Exchange of Our Clothes and Books as Exchanging Our Body and Thoughts (Reconfiguration)
By bringing a favourite possession to pass on to another person, visitors can share in and take care of someone else’s personal history.

The outcomes of these works, as well as those of earlier actions by Tanaka, will be presented in the gallery as film, audio, billboard images and text within a specially designed installation of temporary structures.

tanaka_2016_mito1

「一時的なスタディ:ワークショップ#4 共にいることの可能性、その配置」 2015-2016 制作風景
6日間の共同生活、ワークショップ、記録映像

 

田中 功起:共にいることの可能性、その試み(水戸芸術館 現代美術ギャラリー、茨城)

2.20 – 5.15, 2016

 

共にいることの可能性、その試み:詳細

 
会場:水戸芸術館 現代美術ギャラリー
開催日:2016年2月20日[土]~ 2016年5月15日[日]
開館時間:9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)
休館日:月曜日※3月21日(月・祝)は開館、翌3月22日(火)は休館

入場料:一般800円、前売り・団体(20名以上)600円
中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
※本展に限り、1枚の入場券で会期中3回まで入場可
協賛:Vitamin Creative Space
協力:青山|目黒、アサヒビール株式会社、ARTISTS’ GUILD、国際交流基金
企画:竹久侑(水戸芸術館現代美術センター学芸員)


 

本展は、田中功起による国内初の大規模な個展です。田中は、映像記録、インスタレーション、執筆、パフォーマンスおよびイベント企画といったさまざ まな方法を通して、現在の社会状況や既成の枠組みに対し、別の視点やあり方を模索する活動で近年、注目されています。2013年の第55回ヴェネツィア・ ビエンナーレでは、5名の陶芸家がひとつの陶器をともにつくる様子をとらえた映像作品などで、複数の人びとがひとつのことにともに携わるときの、その行為 の美しさと難しさを表し、国際的に評価されました。
 本展では、協働による営みに関心を抱くようになった2010年以降の田中の活動に焦点をあて、新作を中心に、近年の取り組みとあわせて紹介します。
 本展のために制作された新作は、一般参加者とファシリテーター、撮影チームらと一つ屋根の下をともにした6日間の滞在とそのなかでのワークショップがも とになります。朗読、料理、陶芸、社会運動にまつわるワークショップ、ディスカッション、インタビューなどで構成された6日間を通して、移動や共同体につ いてそれぞれが考え、また対話し、実践する機会が設けられました。本展では、これらのワークショップの記録映像をもとにつくられた複数の映像に、作家が制 作中に書いたノートなどが添えられ展示されます。

※ 新作映像は全編でおおよそ230分になる見込みです。

 


【2015年11月8日のメモ(ステイトメントとして)】

あなたはどのような場面でまったく初対面のだれかに心を開くだろうか。
あなたは隣にいるだれかとどのようなとき、共に助け合おうとするだろうか。
あなたは何を根拠にだれかを信頼し、あなたの傷つきやすさを預けようとするだろうか。

山の中での非日常的な共同生活とワークショップ。そこには撮影隊も共に寝泊まりをしていて、その光景を記録している。ぼくも、あなたもそこにいて、私たち は、まだそれが何を意味するのかを知らない。私たちは、料理をし、朗読をし、発声し、動き回り、会話をし、社会について考え、陶芸を行い、話し合う。そし て私たちは、その小さな社会の中で、自分の位置を確認し、自分の役割を問い直し、ときに自分を見失う。そのようにして他者に出会い、その相手を気遣う。ほ とんど見ず知らずのだれかと、もしかすると理解しがたい他者と、共にいることを試みる。それはあるひとからすれば当然の、あたり前の状態であり、別のひと からすれば受け入れがたき状況だろう。この状況は、仮の、作られた、一時のものでしかないかもしれない。だけれども、一時的にでも可能であるならば、それ はいつ、どこで、どんななにものかとであっても、可能ではないだろうか。(田中功起)


 

 

▼田中功起 略歴

たなか こおき。1975年生まれ。アーティストとして活動し、ARTISTS’ GUILDと基礎芸術に参加/協働する。近年は出来事の組織化や集団による営み、その記録に興味を持ち、それにまつわる制作活動を行っている。2013 年、第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展の日本館における展示で特別表彰を受賞、2015年にはドイツ銀行のアーティスト・オブ・ザ・イヤーに 選出される。プロジェクトの記録や過去のテキストを再録した書籍に、『Precarious Practice』(Hatje Cantz、2015年)、『必然的にばらばらなものが生まれてくる』(武蔵野美術大学出版局、2014年)、『質問するその1(2009 – 2013)』(ART iT、2013年)、『Abstract Speaking – Sharing uncertainty and collective acts』(NERO Magazine、 国際交流基金、2013年)などがある。
ツイッター: @kktnk
ウェブサイト: http://kktnk.com/

 

tanaka_2016_mito2

MOT_ANUUAL_16_web_banner_jp_02_Large

橋本 聡、田中 功起 参加:MOTアニュアル2016 キセイノセイキ(東京都現代美術館)

3.5 – 5.29, 2016


キセイノセイキ:詳細

 

会期:2016年3月5日(土) – 5月29日(日)
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜日(3/21(月・祝)、5/2(月)、5/23(月)は開館)、3/22(火)
会場:東京都現代美術館 企画展示室地下2階
観覧料:一般1,000円(800円)/ 大学生・専門学校生・65歳以上800円(640円)/ 中高生500円(400円)/小学生以下無料

 

出品作家
遠藤麻衣+増本泰斗|小泉明郎|齋藤はぢめ|アルトゥル・ジミェフスキ|高田冬彦| 橋本聡|藤井光|古屋誠一|ダン・ペルジョヴスキ|横田徹 ほか

主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館

展示企画・設計
小泉明郎(アーティスツ・ギルド)、増本泰斗(アーティスツ・ギルド)、森弘治(アーティスツ・ギルド)、吉﨑和彦(東京都現代美術館)

書籍企画・設計
田中功起(アーティスツ・ギルド)+NPO法人芸術公社(英文:奥村雄樹+Art Translators Collective)

グラフィックデザイン
仲村健太郎

 

 

 「MOTアニュアル」は、日本の若手作家による新しい現代美術の動向を紹介するために、東京都現代美術館が1999年より継続的に開催しているグ ループ展のシリーズです。第14回目となる本展では、芸術表現の環境の向上を目指して実験的な取り組みを展開するアーティストたちの組織 「ARTISTS’ GUILD(アーティスツ・ギルド)」との協働企画により、今までとは一味違う「MOTアニュアル」をお見せします。


  今の社会を見渡すと、インターネットを通して誰もが自由に声を発することができる一方で、大勢の価値観と異なる意見に対しては不寛容さが増しているように 思われます。表現の現場においても、このひずみが生み出す摩擦はしばしば見受けられます。そうした中で、既存の価値観や社会規範を揺るがし問題提起を試み るアーティストの表現行為は今、社会や人々に対してどのような力を持ちえるでしょうか。


 今回、ARTISTS’ GUILDとともに展覧会のテーマ設定から構造まで議論して進めてきました。本展では、国内外の作家による展示やライヴ・パフォーマンス、トーク・イヴェ ント、出版物を通して、この時代の表現と社会のありように対してさまざまな問いを投げかけます。「キセイノセイキ」というタイトルに多様な読みとりが可能 なように、異なる視点による複数の解釈が交錯する場を生み出します。

 

ARTISTS’ GUILDについて

ARTISTS’ GUILDは、アーティスト自らが立ち上げた芸術支援の新しい可能性を模索する社会実験の一形態です。
2009 年に制作や展示における個々の経済負担の軽減を図るために映像機器の共有システムを立ち上げ、2013年には合同会社AGプロダクションズを設立し、展覧 会や関連イベントの映像記録を請け負っています。アーティスト個々のアプローチとはまた違う、会社組織としても<芸術>に関わっていくことを 実践しています。

 

ARTISTS’ GUILDからも下記HPより随時、情報を発信しております。
ARTISTS’ GUILD HPはこちら

 

guild

 

ハーモニー


田中 功起 参加:ふぞろいなハーモニー(広島市現代美術館、広島)


12.19, 2015 –  3.6, 2016


特別展
[被爆70周年:ヒロシマを見つめる三部作 第3部]
webサイト:http://www.hiroshima-moca.jp/exhibition/harmony/


会期:
2015年12月19日(土)〜2016年3月6日(日)

会場: 広島市現代美術館
〒732-0815 広島県広島市南区比治山公園1-1

主催 :広島市現代美術館、中国新聞社
企画・助成: ゲーテ・インスティトゥート
キュレーター: ファン・チェンホン、神谷 幸江、キム・ソンジョン、キャロル・インハ=ルー
後援: 広島県、広島市教育委員会、広島エフエム放送、尾道エフエム放送
装備 後援: パナソニック株式会社

出品作家 :
陳界仁(チェン・ジエレン)[台湾]、千葉正也[日本]、ハム・ヤンア[韓国/オランダ]、 郝敬班(ハオ・ジンバン)[中国]、サイレン・ウニョン・チョン[韓国]、 キム・ソラ[韓国]、ク・ジュンア[韓国/イギリス]、クォン・ビョンジュン[韓国]、 李傑(リー・キット)[香港/台湾]、梁志和(リュン・チウー)[香港]、 刘鼎(リュー・ディン)[中国]、高嶺格[日本]、田中功起[日本/アメリカ]、 鄧兆旻(テン・チャオミン)[台湾]、ウー・ツァン[中国/アメリカ]、米田知子[日本/イギリス]

開館時間: 午前 10 時〜午後 5 時. 入場は閉館 30 分前まで
休館日: 月曜日(ただし1月11日を除く)、1月12日(火). 年末年始(12月27日〜1月1日)
観覧料: 一般1,030(820)円、大学生720(620)円、高校生・65歳以上510(410)円
* ( ) 内は前売りおよび 30 人以上の団体料金
* 中学生以下無料

 

Exif_JPEG_PICTURE


田中 功起 参加:コレクション展(栃木県立美術館、栃木)

1.9 – 4.3, 2016

webサイト:http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/exhibition/c160109/index.html

住所:〒320-0043  栃木県宇都宮市桜4-2-7
TEL・FAX:Tel:028-621-3566 / Fax:028-621-3569
観覧時間:午前9時30分から午後5時まで(入館は4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日、振替休日は開館して火曜休館)
観覧料金:一般:250(200)円、大高生:120(100)円、中学生以下無料
()内は20名以上の団体料金
※企画展観覧券でコレクション展もご覧いただけます。

soutome_hikikomisen

五月女 哲平 参加:引込線 2015(旧所沢市立第2学校給食センター、所沢)

 

8.29 – 9.23, 2015

 

引込線 2015 美術作家と批評家による第五回自主企画展

展覧会期:2015年8月29日(土)~9月23日(水)※会期中無休
開場時間:午前10時〜午後5時
開催場所:旧所沢市立第2学校給食センター(埼玉県所沢市中富1862-1)
入場料金:無料

 

書籍

発行予定日:2015年10月下旬〜11月初旬
販売予定価格:2,500円

 

主催:引込線2015実行委員会

 

参加美術作家(計21名)

石井友人、伊藤誠、遠藤利克、利部志穂、喜納洋平、構想計画所、篠崎英介、白川昌生、末永史尚、五月女哲平、多田佳那子、津田道子、土屋貴哉、戸田祥子、冨井大裕、戸谷成雄、中山正樹、保坂毅、水谷一、百瀬文、吉川陽一郎

 

参加執筆者(計22名)

阿部真弓、荒川徹、粟田大輔、石川卓磨、石崎尚、井上幸治、梅津元、OJUN、勝俣涼、住友文彦、高嶋晋一、高橋永二郎、田中功起、谷新、成相肇、能勢陽子、橋本聡、平井亮一、眞島竜男、桝田倫広、峯村敏明、森啓輔

 

弊廊の五月女哲平が参加美術作家として作品を展示しております。

 

また、期間中のイベントに橋本聡が参加するAn Art User ConferenceのAfterthought Enantiomorphic Chambers #3 ― Robert Smithson without Robert Smithson”が行われました。

 

書籍の執筆に田中功起、橋本聡が参加致します。

会期中会場にて書籍の予約ができ、展覧会後、カタログが発行され次第郵送されます。

また、書店での販売も予定されています。

tanaka

Koki Tanaka : A Vulnerable Narrator (Deutsche Bank Kunsthalle, Berlin)

 

3.26 – 5.25. 2015

 

March 26, 2015 through May 25, 2015
http://www.deutsche-bank-kunsthalle.de
Deutsche Bank KunstHalle
Unter den Linden 13/15 10117 Berlin,
(030) 20 20 93-0

Adults:€ 4
Reduced:€ 3
Children under 18: Admission free
School groups with/without guide:Admission free
Groups up to 20 people: € 35
Mondays: Admission free,
Open from 10:00 to 20:00 pm
Daily Lectures: 6 pm
Monday Lectures: 11 am–8 pm
Lunch Lectures: Wednesdays, 1 pm

Tickets: (0 30) 20 20 93-11

Public Transport:
U-Bahn Stadtmitte/Französische Straße/S-Bahn Brandenburger Tor and
Friedrichstraße/Bus 100, 200, TXL
Details on the exhibition, supporting programms or to subscribe for the
newsletter: db.kunsthalle@db.com,
deutsche-bank-kunsthalle.com
 
Artist Koki Tanaka references the history of “art activism” And views his work as a gentle sustainable approach to this movement. His “Artist of the Year” exhibition, “A Vulnerable Narrator,” at the Deutsche Bank KunstHalle in Berlin is a laboratory of sorts, one that ties together a decade’s worth of projects, ideas, and documents. It traces Tanaka’s path from early experiments with mass-produced goods and materials, to his collaborative actions and performances.


Related product:
Catalogue:”Precarious Practice” 2015 / German and English / € 39


Koki Tanaka,
born 1975 in Tochigi, Japan, lives and works in Los Angeles. He became known through installations and actions in which he implements everyday objects and material found on site. A major part of his work consists of participatory projects that incorporate actors and exhibition viewers.
WEB : http://www.kktnk.com