《抽象・家族》 2019

 

田中 功起 参加:あいちトリエンナーレ2019  情の時代(愛知芸術文化センターほか、愛知)

 

1 Aug – 14 Oct 2019



会期:2019年8月1日(木)~10月14日(月・祝)[75日間]

主な会場:
愛知芸術文化センター
名古屋市美術館
名古屋市内のまちなか(四間道・円頓寺)
豊田市(豊田市美術館及び豊田市駅周辺)

テーマ:情の時代

企画体制:
芸術監督:津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
企画アドバイザー:東 浩紀
チーフ・キュレーター(学芸統括):飯田志保子
キュレーター(国際現代美術展):能勢陽子、ペドロ・レイエス、鷲田めるろ
キュレーター(映像プログラム):杉原永純
キュレーター(パフォーミングアーツ):相馬千秋
キュレーター(音楽プログラム):大山卓也
キュレーター(ラーニング):会田大也
コンサルタント:ホウ・ハンルゥ
公式デザイナー:前田豊
 

主催:あいちトリエンナーレ実行委員会

More info: https://aichitriennale.jp/index.html

 

あいちトリエンナーレは、2010年から3年ごとに開催されている国内最大規模の国際芸術祭です。4回目となる2019年は、国内外から80組以上のアーティストを迎えます。国際現代美術展のほか、映像プログラム、パフォーミングアーツ、音楽プログラムなど、様々な表現を横断する、最先端の芸術作品を紹介します。

 

 

田中功起 作品 展示会場:愛知県美術館(愛知芸術文化センター 10F)
https://aichitriennale.jp/artwork/A11.html

 

田中功起 映像上映/アッセンブリー『抽象・家族』

①日時:9月7日(土) 19:00〜

会場:愛知県美術館(10階)
上演時間:120分(予定) 
上演言語:日本語 
チケット料金:1,300円

*未就学児はご入場いただけません 
*当日の様子は撮影され、作品の一部となる予定です。ご了承のうえ、ご参加ください。 
詳細:https://aichitriennale.jp/artwork/A70.html

②日時:9月21日(土)16:00〜

会場:豊田市美術館 講堂 
上演時間:120分(予定) 
上演言語:日本語 
チケット料金:1,300円

*未就学児はご入場いただけません 
詳細:https://aichitriennale.jp/artwork/T61.html

 

Koki Tanaka, Vulnerable Histories (A Road Movie), Courtesy of the artist, Vitamin Creative Space (Guangzhou), Aoyama Meguro (Tokyo)

 

田中 功起 参加:シアターコモンズ ’19

 

田中功起「可傷的な歴史(ロードムービー)」

映像上映|アッセンブリー

 

上映日程
2月22日(金) 19:00
2月23日(土) 19:00
2月24日(日) 13:00

会場|ゲーテ・インスティトゥート 東京ドイツ文化センター
〒107-0052 港区赤坂7-5−56

※各日ともに、映像上映の前後にゲストを交えた対話の場 (アッセンブリー) を設定し、参加者とともに鑑賞経験を共有します

映像上映|英語 (日本語字幕つき)アッセンブリー|日本語

上演時間|150分

 

排除や差別を超えて、それでも「共に生きる」ために──。
田中功起による「傷つきやすい」ロードムービー、日本初公開。

異なる人々が「共に生きること」の可能性や限界について、仮構の共同体を組織して撮影する手法で探求するアーティスト、田中功起。私たちは他者と出来事や経験を共有することは可能なのか。田中が向き合い続けてきたこの問いは、世界中で排外主義やポピュリズムが高まる今日、より切実さを増している。

2018年にミグロ現代美術館で発表され今回日本初公開となる本作(シアターコモンズ・短縮編集バージョン)は、「共に生きる」権利を侵されてきた人たちの側から、この問いにさらに踏み込こむものだ。東京に暮らす在日コリアン3世とチューリッヒから来た日系スイス人。田中によって引き合わされた実在の「登場人物」たちは、ともに東京や川崎を旅し、在日コリアン排斥の痕跡を辿りながら、それぞれの経験、思考、感情をもとに対話を重ねていく。この淡々と美しく、残酷で傷つきやすいロードムービーの果てに、私たちは、「それでも共に生きる」ための希望を見出すことができるのか。

今回のシアターコモンズでは、映像上映の後にゲストを交えた対話の場(アッセンブリー)を設定し、集団での鑑賞経験の共有を試みたい。

プロフィール

田中功起(たなか・こおき)
1975年生まれ。出来事の組織化や集団による営み、その記録に興味を持ち、それにまつわる制作活動を行っている。2013年、第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展の日本館における展示で特別表彰を受賞。近年の展覧会に「共にいることの可能性」(水戸芸術館、2016年)、「Vulnerable Histories (A Road movie)」(ミグロ現代美術館、2018年)など。2017年ミュンスター彫刻プロジェクト参加。

 

クレジット

構成・演出|田中功起

キャスト|チョン・ウヒ、クリスチャン・ホファー
プロジェクトアドバイザー・講師|ハン・トンヒョン
講師|西崎雅夫(社団法人ほうせんか)
法律アドバイザー|明戸隆浩
事前勉強会講師|山本唯人(東京大空襲・戦災資料センター)

撮影監督|青山真也
録音・整音|藤口諒太
制作|田中沙季
英語字幕|ディーン島内翻訳事務所
法律翻訳|東久保麻紀
助成|アーツカウンシル東京(東京都歴史文化財団)

製作|ミグロ現代美術館

協力|青山目黒、ヴァイタミン・クリエイティブ・スペース

 

シアターコモンズ ’19
会期|2019年1月19日(土)、20日(日)、2月22日(金) – 3月13日(水)
会場|東京都港区エリア各所
参加方法|要予約・コモンズパス提示
※全演目に参加可能のコモンズパスの購入・参加希望の公演の予約が必要です
コモンズパス料金|一般 \4,800、学生 \3,500、港区民 \4,500
主催|シアターコモンズ実行委員会

More info| https://theatercommons.tokyo/

 

 

田中功起 参加:カタストロフと美術のちから展(森美術館、東京)

 

6 Oct 2018 – 20 Jan 2019



六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 
カタストロフと美術のちから展

会期:2018.10.6(土)- 2019.1.20(日) 
会期中無休
開館時間:10:00-22:00(最終入館 21:30)
※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※ただし2019年1月1日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
料金:一般  1,800円
学生(高校・大学生)1,200円
子供(4歳~中学生)600円
シニア(65歳以上)1,500円
More info: https://www.mori.art.museum

 

参加アーティスト&プロジェクト:
シヴァ・アフマディ
アイ・ウェイウェイ(艾未未)
ミロスワフ・バウカ
坂 茂
ミリアム・カーン
CATPC&レンゾ・マルテンス
シェバ・チャッチ
Chim↑Pom
トーマス・デマンド
クリストフ・ドレーガー
藤井 光
フェリックス・ゴンザレス=トレス
畠山直哉
モナ・ハトゥム
平川恒太
トーマス・ヒルシュホーン
堀尾貞治
ハレド・ホウラニ
ホァン・ハイシン(黄海欣)
HYOGO AID ’95 by ART(*1)
池田 学
アイザック・ジュリアン
ヒワ・K
加藤 翼
オリバー・ラリック
エヴァ&フランコ・マッテス
宮島達男
宮本隆司
オノ・ヨーコ
ジョルジュ・ルース
カテジナ・シェダー
ヴォルフガング・シュテーレ
ヘルムット・スタラーツ
スウーン
高橋雅子(ARTS for HOPE)
武田慎平
田中功起
ジリアン・ウェアリング
米田知子
ムハマッド・ウチュプ・ユスフ

(*1)「HYOGO AID ’95 by ART」参加作家(姓のアルファベット順)
赤瀬川原平、靉嘔、堂本尚郎、細江英公、今井俊満、加納光於、菊畑茂久馬、草間彌生、李禹煥、前田常作、森山大道、元永定正、中西夏之、奈良原一高、野田哲也、岡本信治郎、篠原有司男、白髪一雄、高松次郎、東松照明、山田正亮、横尾忠則、吉原英雄

 

 

東日本大震災やアメリカ同時多発テロ、リーマンショックなど世界各地で絶えず発生するカタストロフ(大惨事)。多くのアーティストがこのような悲劇的な災禍を主題に、惨事を世に知らしめ、後世に語り継ごうと作品を制作しています。その私的な視点による記録は、マスメディアの客観性を重んじる記録とは異なり、多勢の世論の影に隠れて見えにくくなったもう1つの事実を私たちに提示します。そこにはまた、社会の矛盾や隠蔽された問題の可視化を意図するものや、個人的な喪失や悼みを表現するものもあります。

カタストロフは私たちを絶望に追い込みますが、そこから再起しようとする力は想像力を刺激し、創造の契機となることもまた、事実なのではないでしょうか。東日本大震災以降、国内外の数多くのアーティストが復興・再生への願いを込めて理想や希望を描き、より良い社会のために新しいヴィジョンを提示しようと試みています。

戦争やテロ、難民問題や環境破壊など、危機的な問題が山積する今日において、美術が社会を襲う大惨事や個人的な悲劇とどのように向き合い、私たちが再生を遂げるためにどのような役割を果たすことができるのか。本展は、負を正に転ずる力学としての「美術のちから」について注目し、その可能性を問いかけます。

Koki Tanaka, Vulnerable Histories (A Road Movie), 2018, production photo. Courtesy of the artist, Vitamin Creative Space (Guangzhou), Aoyama Meguro (Tokyo)

 

Koki Tanaka: Vulnerable Histories (A Road Movie) (Migros Museum, Zurich)

 

25 Aug – 11 Nov 2018

 

August 25–November 11, 2018
Opening: Friday, August 24, 2018

 

http://www.migrosmuseum.ch/en/exhibitions/annual-program/koki-tanaka-vulnerable-histories-a-road-movie/

 

Visitor address
Limmatstrasse 270
CH–8005 Zurich
Directions

Mailing address
Postfach 1766
CH–8031 Zurich
Tel +41 44 277 20 50
Fax +41 44 277 62 86
info(at)migrosmuseum.ch

Opening hours
Tue/Wed/Fri 11 am–6 pm
Thu 11 am–8 pm
Sat/Sun 10 am–5 pm
Public Holidays

Admission
Adults: CHF 12
Reduced: CHF 8
Thu 5-8 pm: Free admission
More

 

 

In view of the worldwide rise of nationalism, populism, and xenophobia, the artistic social studies of Koki Tanaka (b. Tochigi, Japan, 1975) focus on how we live together in societies. Realized especially for his exhibition at the Migros Museum für Gegenwartskunst, the project Vulnerable Histories (A Road Movie) (2018) focuses on an example from Tanaka’s native country, the mutual incomprehension and mistrust between Zainichi Koreans and ethnic Japanese, to plead for vigilance when it comes to racism and discrimination. The project centers on a series of conversations in various settings between two protagonists who have not met before. Shadowed by the artist and his camera team, they travel to several locations in Tokyo to grapple with questions of (their own cultural) identity and how to take a stand against the simplistic and selective worldviews of racist groups. The films that grew out of the project illustrate that coexistence and mutual appreciation are possible if we talk to each other: private as well as public conversations are key. The exhibition provides a framework for continuing the exchange of ideas Tanaka initiates. “Live speakers”—representatives of the art and academic worlds whom visitors are encouraged to approach—will be available for the entire duration of the presentation to foster further discussion in a variety of formats.

The exhibition is curated by Heike Munder, director, Migros Museum für Gegenwartskunst, and is the artist’s first solo show in Switzerland. An accompanying monograph will be released by JRP|Ringier during the second half of 2018.

Koki Tanaka lives and works in Kyoto, Japan. His work has been presented around the world, with recent exhibitions at the Kunsthaus Graz (2017), the Deutsche Bank KunstHalle, Berlin (2015), the Van Abbemuseum, Eindhoven (2014), the National Museum of Modern Art, Kyoto and Tokyo (2013), the Museum of Art, Seoul (2013), the Hammer Museum, Los Angeles (2012), the Taipei Contemporary Art Center (2012), Centre A, Vancouver (2010), the Hara Museum of Contemporary Art (2009), the Palais de Tokyo, Paris (2007), and elsewhere. Tanaka officially represented Japan at the 55th Venice Biennale in 2013 and was Deutsche Bank’s Artist of the Year in 2015. In 2017, he participated in Skulptur Projekte Münster and the 57th Venice Biennale.

Supported by Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)

 

時間の形式、その制作と方法
──田中功起作品とテキストから考える

 

9.3 – 30, 2017

 

2017年9月3日(日)-9月30日(土)
水-土: 12:00-19:00
日: 12:00-18:00
会期中定休日: 月・火・祝日
 
 
企画: 上妻世海
デザイン: 石塚俊 
 
 
 
○本展について
 
田中功起は2013年に第55回ヴェネツィア・ビエンナーレで特別表彰を受賞し、2015年にドイツ銀行が選定するアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、日本だけでなく海外からも最も注目されるアーティストの一人であり、『関係性の美学』以降における現代美術の代表的人物とみなされている。そして、重要なアーティストには当然のことであるが、彼の作品群には既に多くの批評が寄せられており、その中で多くの場合、「現象から行為へ、そして共同性へ」といった整理がなされている。よって、多くの人々には僕のような権威もなにもない若手キュレーターが評価が定まりつつある作家の展覧会を企画することの意味が理解できないかもしれない。

しかし僕にとって、田中功起は、作品を制作するだけでなく、数多くの興味深いテキストを残しており、しかも批評的にも重要な論点を展開している作家であった。そして、そのテキストの熱心な読者であった僕は、彼の内在的な視点から彼の作品群を解釈していて、当時、曖昧ながら、「現象から行為へ、そして共同性へ」といった解釈ではなく、別の仕方で解釈しうるのではないかと考えていた。言い換えれば、田中は彼自身の目的とは違った仕方で解釈されており、田中自身の問題意識とその解決方法を整理することで、本来的な、しかし新しい論点が描き出せるのではないかと考えていたのである。

上記の関心から、僕はこの展覧会を企画する上で、まず彼の最初期の作品群と膨大なテキストを読解することにした。そして、その読解を媒介に彼の根底に流れる思想と態度を明示的に記述することにした。それは彼の制作と思考の痕跡を辿る旅であり、その記述によって示された場所から再度彼の作品群を現在まで振り返ることで、彼が志向していた作品の可能性を最大限拡張することを可能にした。

そして、幸運なことに、この作業は彼の制作と方法について記述するだけでなく、同時に、僕自身の制作と方法についても思考を促した。何故なら、彼が真摯に向き合ってきた「制作者」と「鑑賞者」と「作品」の視点の差異、そして「作ること」と「作品」と「見ること」の関係の在り方は、「時間の概念」をある条件のもとで限定し、別の条件のもとで拡張するのであるが、それはこれまで僕が思考してきたことの近傍に位置しており、それらは響きあい、僕自身にも大きな変容をもたらしたからである。

田中は2000年に野比千々美という別名義で「世界‐速度の変容–コンセプチュアル・アートの<遅さ>をめぐって」というテキストを発表し、第3回[武蔵野美術]評論賞を受賞している。彼は、その中で、現代社会について分析し、「断絶」と「脅迫」という二つの問題点を浮かび上がらせ、それに対する一種の抵抗装置としての「作品」を考えていた。その問題点は、2017年現在、当時よりも重大な問題へと膨れ上がり、彼の作品と方法から学ぶべきことは増しているように思える。しかし、彼の「作品」は彼の意図すらも越えて多様な見方を許容するだろうし、テキスト内で示すように、複数の時間軸の中で各々異なる解釈を生み出していくだろう。もちろん、僕の解釈も、作品の持つ時間軸に対してみれば、部分的な小さい(そして大きい)ものにすぎない。しかし、僕の試みによって、固着してしまうかもしれない一つの視点と関係のあり方が解放され、その場に無数の時間の形式が見いだされ、様々な視点から彼の作品が別の関係のあり方へと生成していくのであれば、それ以上に嬉しいことはない。


上妻世海

 
 
 
 

 

Koki TANAKA: 57th Biennale di Venezia | Viva Arte Viva (Venice, Arsenale)

 

5.13 – 11.26, 2017

 

curated by Christine Macel

Exhibition venues: Giardini and Arsenale

Date: May 13 – November 26, 2017

Opening: May 10, 2017
Vernissage: May 10th – 11th – 12th 2017
Official Opening and Award Ceremony: May 13th 2017

 

We are delighted to share that Koki Tanaka is participating in the 57th Venice Biennale:
His work is part of the main exhibition VIVA ARTE VIVA, curated by Christine Macel.

More info:
http://www.labiennale.org/en/art/index.html
Preview programme
Download brochure and maps

kokitanaka_SkulpturProjekte2017

Koki Tanaka Provisional Studies: Workshop #7 How to Live Together and Sharing the Unknown 2017, (c) Skulptur Projekte 2017  photo: Henning Rogge

 

Koki TANAKA: Skulptur Projekte Münster 2017(Münster, Germany)

 

6.10 – 10.1, 2017

 

Skulptur Projekte 2017


LWL-Museum für Kunst und Kultur

Domplatz 10
48143 Münster


Date:
10 June to 1 October 2017

Opening hours
Mon. – Sun. 10 a.m. to 8 p.m.
Fri. 10 a.m. to 10 p.m.

Free admission
 

 

kokitanaka_SkulpturProjekte2017_2

Koki TANAKA

Provisional Studies: Workshop #7 How to Live Together and Sharing the Unknown, Skulptur Projekte 2017



Material

Action and workshops, installation of the video documentation in four rooms

Location

Johannisstraße 18/20,
48143 Münster
access via the passage between Johannisstraße 18/20 and 21, oppositeAegidiimarkt


Accompanying booklet available on-site


Participants’ workshops

Tasnim Baghdadi, Stephan Biermann, Isa Selçuk Dilmen, Annette Hinricher, Anna Mondain-Monval, JoAnn Osborne, Rolf Tiemann, Lina Zaher


Facilitators’ workshops

Ahmad Alajlan, Kai van Eikels, Andrew Maerkle, Hendrik Meyer, Tami Yanagisawa


Crew

Director of photography: Hikaru Fujii
Sound: Ryota Fujiguchi
Editor: Koki Tanaka
Camera operator: Shinya Aoyama
Boom operator: Kadoaki Izuta
Assistants: Lejla Aliev, Jakob Reuter
Workshop / filming coordination: Sophia Trollmann
Assistant: Alexandra Südkamp
Logistics: Jan Enste / jae kunst und medien
Textiles support: Kvadrat
Equipment rental and support: Kunstakademie Münster, Filmwerkstatt Münster e. V., Atelier Screen TV, ARTISTS’ GUILD, C-RENT, CAMCAR, cineOne
Subtitles: Eurotape – Media Services GmbH

 

Additional videos online during the exhibition period:

https://vimeopro.com/kktnk/ps7

 

 

via: https://www.skulptur-projekte.de/#/En/Projects/2017/844/TANAKA

Koki-Tanaka-Provisorische-Studien

Koki TANAKA Opening announcement in Tulln on June 12, 1977, immediately before the walk towards Zwentendorf, photographed by Friedrich Witzany, courtesy of Sigrid Schönfelder, Photo: Koki Tanaka

 

Koki TANAKA: Provisional Studies (Working Title) (Kunsthaus Graz, Space02)

 

6.23 – 8.27, 2017

 

Provisional Studies (Working Title)


Date:

23 June – 27 August, 2017 

Venue:
Kunsthaus Graz, Space02
Lendkai 1 
8020 Graz, Österreich

Opening Hours
Tue-Sun, public holidays 10am – 5pm

Opening: 22.06.2017
 
Curated by: Barbara Steiner

 

 

About the exhibition

Can you compose a sound track jointly and have five people play it on one piano? Can seven people write a protest song together? The Japanese artist Koki Tanaka creates situations—or you could call them ‘experimental set-ups’—that invite people to try out tasks that seem impossible. His works often revolve around the question: what and how can we achieve together?

In Tanaka’s first solo exhibition in Austria, the Kunsthaus Graz will show projects that involve collectivity and the potential for joint action. These include a new film work whose starting-point is the protest against the startup of the Zwentendorf Nuclear Power Plant in the late 1970s. Tanaka’s interest is also very much to do with the major earthquake and Fukushima disaster of 2011, as well as the resulting collective actions that took place in Japan, including silent protests, against nuclear energy.

A feature shared by all of the projects is that participants have to be open to exchange, develop a sense of community and creativity and at the same time explore new rules of negotiation and collaboration. Apart from his interest in collective forms of protest, Koki Tanaka’s focus lies on recollection, the identity-building function of shared events burned into the memory and their actualisation for the present day.

 

via: https://www.museum-joanneum.at/en/kunsthaus-graz/exhibitions/exhibitions/events/event/5662/koki-tanaka-3

kokitanaka_action!

Koki TANAKA Precarious Tasks #8: Going home could not be daily routine (film still), 2014
Collective Acts, video documentation in the suburbs of London (June 2014);
Videos, 25′ 20″; 9′ 22″; 27′ 46″; 46′ 35″; 7′ 22″
Commissioned by the Institute of Contemporary Arts, London,
on the occasion of their exhibition Journal, curated by Matt Williams.
Courtesy of the artist
Photo: Courtesy of the artist, Vitamin Creative Space, Guangzhou and Aoyama Meguro, Tokyo

 

Koki TANAKA: Action! (Kunsthaus Zürich)

 

6.23 – 7.30, 2017

 

Action!

Date:
23 June – 30 July 2017 

Venue:
Kunsthaus Zürich 

Kunsthaus Zürich, Heimplatz 1, CH 8001 Zurich
+41 (0)44 253 84 84
www.kunsthaus.ch
info@kunsthaus.ch


Opening hours
Fri-Sun/Tues 10 a.m. – 6 p.m., Wed, Thurs 10 a.m. – 8 p.m.

Admission including one re-entry (e.g. for performance) and collection
CHF 26 / 19 concessions and groups
Admission free to visitors up to the age of 16.

 

 

>>All Koki Tanaka Events

 

Includes works by:
Mounira Al Solh (b. 1978),
Francis Alÿs (b. 1959),
Nina Beier (b. 1975),
!Mediengruppe Bitnik, Trisha Brown (1936–2017),
Tania Bruguera (b. 1968),
Lucinda Childs (b. 1940) / Ruth Childs ( b. 1984),
Guy Debord (1931–1994),
Valie Export (b. 1940),
William Forsythe (b. 1949),
Simone Forti (b. 1935),
Guerrilla Girls, Sharon Hayes (b. 1970),
Adelita Husni-Bey (b. 1985),
Florence Jung (b. 1986),
Allan Kaprow (1927–2006) / San Keller (b. 1971),
Georg Keller (b. 1981),
Dieter Meier (b. 1945),
Musée de la danse / Boris Charmatz (b. 1973) / Aernout Mik (b. 1962),
Yoko Ono (b. 1933),
Ahmet Ögut (b. 1981),
Adrian Piper (b. 1948),
Alexandra Pirici (b. 1982),
Rimini Protokoll, Tracey Rose (b. 1974),
Tino Sehgal (b. 1976),
Marinella Senatore (b. 1977),
Cally Spooner (b. 1983),
Koki Tanaka (b. 1975).