aota_web

青田 真也:A.B.(salon cojica、札幌)

 

12.16, 2016 – 2.11, 2017

 

青田 真也 「A.B.」
2016年12月16日(金) 〜 2017年2月11日(土)

〒001-0023
北海道札幌市北区北23条西8丁目 coneco bld. 1F
tel / 011-700-0700 fax / 011-700-0701

salon cojica / COJICA COFFEE

11:00-19:00 日月休み
※12月30日〜1月5日まで年末年始休業となります。

Mail info@salon-cojica.com

More info:http://www.salon-cojica.com/

 

青田真也展「A.B」をご紹介いたします。
青田真也は、日用品や、日常で見慣れたものの表面を削ることで、作品へ変換していきます。
その試みは、日常と非日常を行き交い、ものの本質を静かに問いかけてくれるでしょう。

salon cojicaでは「A.B.」展として、プロダクトラインを展示販売いたします。
テラス計画においても同時開催展を開催しておりますので、合わせご高覧ください。


 

top_image

青田 真也 参加:雑貨展(21_21 DESIGN SIGHT、六本木)


2.26 – 6.5, 2016

 

http://www.2121designsight.jp/program/zakka/

 

会期:2016年2月26日(金)- 6月5日(日)
休館日:火曜日(5月3日は開館)
開館時間:10:00 – 19:00(入場は18:30まで)
*4月28日(木)は関連プログラム開催に合わせ、通常19:00閉館のところを特別に22:00まで開館延長します(最終入場は21:30)
入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
*15名以上は各料金から200円割引
*障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
その他各種割引についてはご利用案内をご覧ください

展覧会ディレクター:深澤直人

 

[参加作家]

青田真也、池田秀紀/伊藤菜衣子(暮らしかた冒険家)、WE MAKE CARPETS、川原真由美、国松 遥、小島準矢(Superposition Inc.)、島本 塁/玄 宇民(CGM)、清水久和(S&O DESIGN)、シンプル組合&RONDADE、菅 俊一、D&DEPARTMENT、寺山紀彦(studio note)、野本哲平、萩原俊矢、藤城成貴、町田 忍、松野屋、三宅瑠人、フィリップ・ワイズベッカー
※文化屋雑貨店の参加は都合により中止となりました

 

[出展者]

井出恭子(YAECA)、岡尾美代子、小林和人(Roundabout, OUTBOUND)、小林 恭・マナ(設計事務所ima)、たかはしよしこ(S/S/A/W)、平林奈緒美、ルーカス B.B.(PAPERSKY)、PUEBCO INC.、保里正人・享子(CINQ, SAML.WALTZ)、松場登美(群言堂)、南 貴之(alpha)、森岡督行(森岡書店)

 

21_21 DESIGN SIGHTでは、2016年2月26日より企画展「雑貨展」を開催いたします。
今日、私たちの暮らしのいたるところに、「雑貨」と呼ばれるモノが存在します。しかし、非常に身近であるはずの「雑貨」は、すぐ手の届くところにありながら、その定義は曖昧にして捉えどころがありません。

そもそも、私たちが普段無意識に使っている「雑」という字には、「分類できないもの」「多様に入り混じったもの」という意味があります。その中でも 「雑貨」というカテゴリーが生まれた背景には、時代の節目節目に外来の多様な生活文化や新しい習慣を柔軟に受け入れてきた歴史があります。その変化に応じて、暮らしの中に様々なモノを取り込んできた日本人の生活史を象徴する存在が「雑貨」ともいえるのではないでしょうか。

日本の高度経済成長期にあたる約半世紀前までは、「雑貨」とは、やかんやほうき、バケツといった「荒物」=生活に必須な道具を指していました。しか し現在、街中の「雑貨店」の店頭には、グラスやナイフにうつわ、ブラシやスツール、時に食品や化粧品まで、中には用途が分からないモノや実用性を持たない モノなど、従来の「雑貨」のカテゴリーを超えたあらゆるモノを見ることができます。インターネットが普及し、自身の嗜好や感性に馴染むモノがいつでもどこでも自由に入手可能になった現代で、こうした傾向はますます加速し、「雑貨」という概念も広がり続けています。

このような変遷を踏まえて、今あえてゆるやかに定義するならば、「雑貨」とは「私たちの日常の生活空間に寄り添い、ささやかな彩りを与えてくれるデザイン」といえるでしょう。探す、選ぶ、買う、使う、飾る、取り合わせるといった行為や経験を通じて、モノ自体が持つ魅力を再発見し、暮らしに楽しみをも たらしてくれる「雑貨」は、もはや現代人の生活空間に欠かせない存在となっています。
本展はこうした「雑貨」をめぐる環境や感性を、世界的にもユニークなひとつの文化として俯瞰し、その佇まいやデザインの魅力に改めて目を向ける展覧会です。

AOTA_logo

青田 真也 参加:SHOWCASE “stands”(表参道ヒルズ、東京)

11.1 – 3. 2015

 

SHOWCASE “stands” 

会期:2015年11月01日(日)〜11月03日(火・祝)
時間:11:00〜20:00
会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10
入場料:1,000円
URL:www.showcase-web.com

 

EXHIBITOR:
 
BEN NAGAOKA 長岡勉 / POINT
DAIJIRO OHARA 大原大次郎 
HIRONOBU YAMABE 山部宏延
KOUICHI OKAMOTO 岡本光市 / 共栄 design
NAO TSUDA 津田直 
RISA FUKUI 福井利佐 
SHINYA AOTA 青田真也
TOSHIYA MASUDA 増田敏也
VELO 破改作家 Velo
WATARU KOMACHI 小町渉
YOSHIKAZU YAMAGATA 山縣良和 / writtenafterwards
YUKIHARU KUMAGAI 熊谷幸治

 

弊廊の青田が参加致します。以下サイトからの紹介文です。

_

私達は今まで様々な領域の作品に対して目を向け、記していくことを考えてきました。
今年2015年、SHOWCASEは新たに日本の作家とデザイナーを選び、 “stands”と題して企画展を開催致します。
 
そこには時代だけでなく、自身への行為と試みがみえてきます。
この場が次の状況を促し、刷新されることや新たなトレードを生み出す機会になり得ればと考えています。
 
是非ご高覧くださいますようお願い致します。
 
 
松澤 剛 / E&Y Co.,Ltd.
山田 遊 / method inc.
尾原史和 / Soup Design

_

IMG_7506

青田 真也:プロダクトライン『A.B.』(ON READING / ELVIS PRESS、名古屋)

 

4.22 – 5.8. 2015

 

ON READING / ELVIS PRESS
〒464-0807 名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A
TEL/FAX: 052-789-0855

http://onreading.jp/exhibition/shinya_aota_a-b/

営業時間 / 12:00 – 20:00
定休日 / 火曜日

名古屋のON READINGにて、青田真也のプロダクトライン『A.B.』のガラスボトル・シリーズが展示販売されます。

これは、既成のガラスボトルをサンドブラストで加工し、表面を磨りガラスのような質感に仕上げたもので、作品の制作過程において様々な手法を試すなかで生まれたプロダクトです。

青田の《作品》が持つエッセンスを纏いながら、よりカジュアルに生活と寄り添っていくことができる《プロダクト》をぜひお楽しみください。 

 

Nada_Miami_2014

NADA Miami Beach 2014:Booth # 3.11

12.4 – 12.7.2014

 

青山|目黒は NADA ART FAIR Miami Beach 2014 に参加いたします。 

 

会期:2014年12月4日〈木〉 – 12月7日〈日〉

NADA Miami Beach 2014
The Deauville Beach Resort
6701 Collins Ave
Miami Beach, FL 33141
http://www.newartdealers.org/


Artist:
田中功起 / ロッテ・ライオン / 五月女哲平 / チョシル・キル / 青田真也

Artsy:
https://artsy.net/show/aoyama-meguro-aoyama-meguro-at-nada-miami-beach-2014

More Infomation:
http://www.newartdealers.org/Fairs/2014/MiamiBeach

nada_teppei_soutome

五月女哲平, Pink,  blue,  and the others, 2014, acrylic on canvas, 1950x1290mm

 

aota_a.b.

青田 真也:A.B. (NOW IDeA、東京)

10.15 – 11.3.2014

(ブックショップ「ユトレヒト」内ギャラリー「NOW IDeA」オープニング企画)

NOW IDeA

 

日 程 : 2014年10月15日(水)–11月3日(月・祝)12:00–20:00 *月曜日休・祝日の場合は翌日休
会 場 : NOW IDeA (東京都渋谷区神宮前 5-36-6 ケーリーマンション2C ユトレヒト内)
企画1 : chioben のディナーショー with 青田真也 A.B. | 10月17日(金)19:30–22:00 要予約
企画2 : Tumbler & FLOWERS のドライフラワー with 青田真也 A.B. | 会期中
協 力 : 青山|目黒、Hikotaro Kanehira

 

アーティスト・青田真也のプロダクトライン『A.B.』のラウンチ・エキシビションが、移転オープンしたばかり のブックショップ「ユトレヒト」内のギャラリースペース「NOW IDeA」のオープニング企画として開催されます。
青田は、日常にあるさまざまな物の表面をヤスリで削り落とすことで、その物が持つ情報を極限まで剥ぎ取る作 品を制作しています。削る作業は自身の手で行いますが、既成のガラスボトルを作品の素材にする際に研磨材を 機械で吹き付けるサンドブラストという方法で試したところ、「形に関して自分がほとんど手を出せなかった」 ことで、「作品」としてではなく「プロダクト」として日常生活のシーンに返すことになったのが、本展で発表 する『A.B.』ガラスボトルのシリーズです。

 

プロダクトライン『A.B.』について|青田真也
『作品』のようではあるけれど、『作品』そのものにはなり得なかったもの、『作品』をつくるための思考をベー スに用いてつくったもの、それらを『作品』とは違った『プロダクト』という形でリリースしたいと考えました。 『作品』と『プロダクト』の関係を流れで考えた時、大量に生産されたものを『作品』のモチーフとして扱う、『作品』
をきっかけとして『プロダクト』ができる、『プロダクト』が世の中に流れていく、そのように状況や立ち位置 を変える過程で、繋がりながらも思考が還元されて広がっていくような感覚がおもしろいです。 今回リリースする『プロダクト』は、もともとガラスボトルを『作品』にしようと思い、試しにサンドブラスト(表 面に砂などの研磨材を吹き付ける加工法・工業的技術)を用いて制作したのですが、最終的に『作品』にはなら なかったものです。 これには『作品』としてアウトプットする時に僕が大切にしている「思考だけでなくモノとしても成立する」と いうことについて、サンドブラストでは形についてほとんど手が出せなかったことがあります。 それでも、できあがったものは『作品』と絶妙な距離を保ちながらそこにある、そんな佇まいに『作品』とは違っ た魅力を感じました。
『作品』と深くつながっている『プロダクト』として、それぞれの人の日常に入り込むことで、身近に『作品』 の輪郭や感触を感じたり、『作品』ではできないラフな使い方を考えたり、それぞれの人に持つことを楽しんで もらえる『プロダクト』を提案します。

 

企画1 : chioben のディナーショー with 青田真也 A.B.
青田真也「A.B.」展にあわせ、一晩限りの特別なディナーショーを開催します。「A.B.」のボトルを実際に 使いながら、料理家、山本千織(chioben)による特別なメニューをコースで楽しんでいただきます。当日 はコース料理(4 品)に加えて、洋菓子モームによるデザートもご提供します。新しい UTRECHT / NOW IDeA のお披露目を兼ねたディナーショー、ぜひご参加ください。

 

企画2 : Tumbler & FLOWERS のドライフラワー with 青田真也 A.B.
ユトレヒトと同じビルにある、いけばな教授者/ライターの渡来徹さんの花屋「Tumbler & FLOWERS」が、A.B. のためにドライフラワをご用意くださいました。本展会期中に A.B. のガラスボトルをご購入された方には、お好 きなドライフラワーを1本選んでお持ち帰りいただけます。

 

aota_a.b.2

青田 真也 参加 : アジアの夢ーBankART Life4 (BankART Studio NYK、横浜)

8.1 -11.3.2014

http://www.bankart1929.com/eastasia/index.html

 

2014年8月1日[金]─ 11月3日[月・祝]
開館時間:10:00 ─ 19:00
休場日:第1・3木曜日
 
入場料:ヨコハマトリエンナーレ2014連携セット券 一般 2,400円(2,000円)、大学・専門1,800円(1,500円)高校生 1,400円(1,000円)
※()は前売り価格
 
 
 [横浜トリエンナーレ2014連携プログラム]
活動の蓄積である作品コレクションや資料を公開。継続的に行っている「続・朝鮮通信使」は東アジアへと展開し、滞在制作や国際会議を開催します。また歴史的建造物等を活用し、アートと地域の連携を図ります。

 会場: BankART1929、関内外地区の歴史的建造物及び店舗、空き地、空きビル他

Installation view : 青田 真也 2014

_DSC1994

_DSC2017

_DSC2019

_DSC2025

_DSC2021

_DSC1995

_DSC2023

_DSC2015

_DSC2003

_DSC1999

_DSC2011

_DSC2009

_DSC2028

_DSC1998  

 

 プリント

青田 真也 2014

Installation View

この度弊ギャラリーでは青田真也(b.1982)の企画を開催しますのでご案内を申し上げます。

青田はつい先頃の「日常/オフレコ」(神奈川芸術劇場)http://www.offreco.info でグラウンドピアノの機能を保持したまま表層を丸ごと削った作品を発表しました、それに開催が始まったばかりの「MOTアニュアル2014 フラグメント」(東京都現代美術館)http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/mot2014.htmlのほか、28日より横浜市民ギャラリーあざみ野エントランスロビーでの小企画 http://artazamino.jp/event/20140228/ も予定している活躍中の作家です。 今回は昨夏あいちトリエンナーレ期間中に「VISITOR CENTER AND STAND CAFE」として参加者や来場者達の溜り場を運営していたNAKAYOSI(L PACK+青田真也)によるイベントを開催し、短期間サテライト会場として中目黒仕様で青田の作品と共におもてなし致します。

ぜひ本展にお出掛け下さい。お待ち申し上げます。

 

2.22. sat – 3.02. sun. 2014 ※ open : 12: 00 – 19: 00 今会期中は無休にします。

*オープニングレセプションは開催いたしません。

2月23日からL PACKが会場にてコーヒーのある風景をつくり、青田真也とともに空間を日々変化させていきます。

イベント:NAKAYOSI (L PACK+青田真也)が展覧会最後の3日間イベントを開催します。

それぞれモーニング、バー、デイタイムイベントの設定です。

 

・2月28日『朝|neoki de NAKAYOSI』(7:00-10:00)  エントランス|1,000円 コーヒー、パン、ステーキ、フルーツ、スープ、サラダ、L AND PARK TIMES、青田くんの牛乳瓶に入ったミルク ・3月1日『夜|NAKAYOSI ni nara night!』(19:00-)  エントランス|2,000円 ワインと生ハム、青田くんのボトルから注がれるワイン

・3月2日『昼|NAKAYOSI to soap opera』(12:00-19:00)

IMG_2191

annual2014

MOTアニュアル2014 フラグメント―未完のはじまり

2014.2.15-5.11

青田真也がMOTアニュアル2014に参加しています。

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/mot2014.html

「MOTアニュアル」は、日本の若手作家による新しい現代美術の動向を紹介するものとして、東京都現代美術館が1999年より行っているグループ展です。 第13回目となる「MOTアニュアル2014」では、「フラグメント」という言葉をキーワードにして、われわれの現実認識に新たな視点をもたらす6人/組の作家を紹介します。 “断片”や”かけら”といった小さな破片を意味する言葉――「フラグメント」。本展に登場する作家たちは、彼らの身の回りにある現実からこぼれ落ちたフラグメントを用いて、独自の世界を築いていきます。市販のプラスチックのパーツを際限なく組み合わせる、トランプカードや消しゴムに緻密な細工を施す、見慣れた風景のイメージを切り取り多層化させる・・・・・作家たちの手法は様々ですが、いずれも世界に溢れる選択肢の中から自分だけのフラグメントを意識的に選び取り、それとの接触を通して世界を捉えなおそうとする姿勢に特徴があります。 本来、不完全で脆弱な存在であるフラグメントは、どこか欠けているがゆえに見る者の想像力をかきたてるものですが、作家たちの接触が加わることにより、見る者を”ここ”からどこか別の場所へと誘ってくれるでしょう。 日々過剰に生み出される情報が錯綜し、多くの人が自らの処理能力や認知に限界を感じる今日。フラグメントを起点にした作家たちの手探りの実践は、新たな視点で世界とアクセスする手がかりをわれわれに与えてくれるのではないでしょうか。 出品作家 青田 真也|髙田 安規子・政子|パラモデル|福田 尚代|宮永 亮|吉田 夏奈