Tatsumi ORIMOTO Performance “PUNISHMENT” at D.M.A, Berlin, 1 November. 2008

     

    折元 立身 パフォーマンス
    26人のパン人間の処刑 川崎市岡本太郎美術館 2017

     

    22 October 2017

     

    日時:10月22日(日)13:30~15:00(開場13:00)
    会場:川崎市岡本太郎美術館 企画展示室
    料金:無料(要観覧料)


    国際的に活躍する川崎生まれのアーティスト・折元立身によるパフォーマンスです。世界中どこにでもあり、誰にでも身近な“パン”は見た人の生活水準、宗教観、文化環境によって、多様な解釈ができるものだといえます。「パン人間」のパフォーマンスは一見ナンセンスに見えますが、見るものに様々な問いを投げかけてくれるでしょう。


    パン人間の処刑

    私の作品は人とのコミュニケーションを主体としている。
    その根底には、人に対しての思いやりが必要と思っている。
    この思いやりは、アート・ママの母からのDNA(遺伝)で、母は非常に暖かい人でした。
    だが、私は人との間に思いやりだけでなく、憎悪や暴力が、一方反面にあるので、思いやりが一層強くなるのだと思う。
    それで、パン人間のパフォーマンスにも、やっていけない処刑の方法を考え、思いやり⇔暴力を考えてみたいと思った。

    折元立身 8月19日2017年

     

    ※パフォーマー募集!

    このパフォーマンスで折元さんとともに「パン人間」になり、パフォーマンスを行う方を募集します。パフォーマンスの経験がない方も大歓迎!高校生以上の方はどなたでもご参加いただけます。
    日時:10月22日(日)10:00~15:00
    場所:企画展示室
    料金:無料(昼食付)
    対象:高校生以上
    定員:25名
    申込:電話での受付(10月4日10:00から受付開始。先着順)
    お問い合わせ:川崎市岡本太郎美術館
    TEL:044-900-9898

    More info: http://www.taromuseum.jp/exhibition/event.html

     

     

    富山県美術館開館記念 アーティスト@TAD
    折元 立身:Reality of LIFE(富山県美術館、TADギャラリー)

     

    8.26 – 9.18, 2017

     

    日時:
    公開制作:2017年8月23日(水)~25日(金)15:00~16:00
    *8月23日(水)は、晴天時のみ屋上で制作します。
    25日(金) 臨時休館日は、15:00〜16:00までアトリエで行います。
    展示:2017年8月26日(土)~9月18日(月・祝)
    9:30~18:00  *8月30日(水)は臨時開館
     
    場所:
    富山県美術館
    〒930-0806 富山県富山市木場町3-20
    開館時間:9:30~18:00(入館は17:30まで)
    休館日:毎週水曜日(祝日除く)祝日の翌日・年末年始

    公開制作:3階 アトリエ、オノマトペの屋上(晴天時のみ)
    /展示:1階 TADギャラリー

    入場無料
     
     
     
    関連イベント:「パン人間」パフォーマンス
    日時:2017年8月26日(土) 13:15~13:45
    場所:富山県美術館内
    対象:高校生以上(30名)
     
     
     
     
    第1回となる、「アーティスト@TAD」*では、国内外で活躍するコンテンポラリーアーティストの折元立身さんを紹介します。アトリエで公開制作(2017年8月23日(水)~25日(金)/15:00~16:00)を行い、完成後は1階のTADギャラリーにて、アート作品「アート・ママ」シリーズを写真や映像で紹介するほか、公開制作で完成した作品の中から数点を展示します。

    *「アーティスト@TAD」とは、国内外で活躍するアーティストを招き、アトリエ等で制作した作品の展示を富山県美術館の1階TADギャラリーで行います。滞在製作中には、ワークショップやパフォーマンスなどを行い、「見る」×「創る」×「発表する」といった、アートを体感する企画です。
     

    orimoto_Carryingseries

    Clock Man, Tokyo, Aug. 16, 1991, digital print, 900 x 600 mm

     

    折元 立身 / キャリング・シリーズから

     

    7.22 – 8.26, 2017

     

    2017年7月22日(土)-8月26日(土)
    水-土: 12:00-19:00
    日:12:00-18:00
    会期中定休日: 月・火・祝日
    夏季休暇: 8月13日(日)-22日(火)
    パフォーマンス: 7月22日(土) 18:00-
    オープニング・パーティー: 7月22日(土) 19:00-21:00

     

    7月31日(月) 午後8時 / 再放送8月7日(月) 午後1時05分
    NHK「ハートネットTV」ポータル ブレイクスルー File.83
    アートママ -アルツハイマー病の母と現代美術家の息子- (仮) 放映決定
    >詳細はこちら

     

    Installation view, Tatsumi ORIMOTO  From “Carrying series”

     
     

    この度、川崎が誇る現代美術作家である、スター・折元立身(b.1946/ kawasaki)の弊廊では悦ばしくも4回目の個展を開催しますので、ご案内差し上げます。
     
    バゲットで顔を覆い尽くした「パン人間」や、お母様である男代さんとの共同作業である「アート・ママ」などの代表作で知られていたはずの折元ですが、昨年の川崎市市民ミュージアムでの近作展「ART x LIFE」での、奔放で親しみに溢れたドローイング、立体、印刷物、様々なパフォーマンスのドキュメントなど、圧倒的な量と質と多様さで、みんながとっくに知っていると思っていたオリモト・タツミに改めて、はじめて、驚きをもって遭遇したのでした。
     
    60年代末から西海岸、東海岸への留学と滞在、後期フルクサスへの参加を経て、70年代末に帰国、施工会社経営者として多忙な日々を送りながら、どんな時も常に制作を絶やさず、バブル崩壊と同時に会社を畳み、あっという間に制作と発表に活動を移し、あくまでも川崎でお母様との生活を基盤としながら、活発に主にヨーロッパで制作発表を進めはじめます。
     
    今回発表する「キャリング」シリーズは、その渡欧時期から折元が各地に旅したり滞在制作をした時々に、「タイヤを担ぐ」、「バスタブを引っ張って歩く」、「繋いだたくさんの服を引っ張って歩く」、「顔で時計を担ぐ」、「煙突みたいな彫刻を本物の煙突の側で担ぐ」「フランスパンを積んだ棺みたいな箱を担ぐ」など、それぞれの土地で縁あって入手出来た品や生物、状況を素材に試みた実践の数々です。
     
    2014年の青山目黒での初の個展「子豚をおんぶする」は、その発表時の現在進行形であり、「パン人間」はフルクサス・マナーに則って正装した男が、「パンを顔で担いだ」版でもあります。
    その「顔でパンを担ぐ」という営みは、名付けて「パン人間」というキャラクターとしてだけで捉えてしまうと、そこで想像が固定されてしまいますが、なにか得体の知れない堂々とした、けれども「私たちに必要な」示唆の様にも見えるのです。
     
    夏の暑い盛り、皆様にお会いできることを楽しみにしております。
    ご足労いただきますが、是非お出かけください。    
                                                                                                                          
    —————————————————————————-
     
    (新刊のご案内)
     
    「折元立身 生きるアート」2016年 川崎市市民ミュージアム 個展記録集
    撮影、年譜:元田典利
    デザイン:小野寺健介(odder or mate)
    制作・発行:アートママ ファンデーション
    判型:250×180mm、カラー336ページ
    予価:3,000円

     

    orimoto_book

     

    9.-Bread-Man-in-a-Morning-Cafe-Kathmandu-Nepal-1994-690x461

    Bread Man in a Morning Cafe, Kathmandu, Nepal 1994

     

    Tatsumi ORIMOTO: Venice Agendas 2017

     

    5.11-12, 2017

     

    VENICE AGENDAS 2017: THE CONTRACT
    VENICE: MAY 10 – 12

    Destination: Venice
    Type: Performance
    Admission: Free

    More info:
    http://myartguides.com/events/venice-agendas-2017-the-contract/
    http://www.veniceagendas.eu/venice-agendas-the-contract/

     

     

    Venice Agendas 2017: The Contract is a programme of events including an exhibition, a publication, talks and performances in London, Venice, Margate and Folkestone.

    The theme of this edition, The Contract, is particularly relevant both politically and socially. Contracts, whether written or spoken, are promises and agreements that we make with each other, within our communities and across society in general.

    The project brings together artists and professionals to share and discuss what a contract means to them, their experiences of relationships governed or suggested by contracts and what might be anticipated or expected in the context of contemporary visual arts and current world events, including the UK Brexit decision.



    Pop-up live art performances

    Tatsumi Orimoto: Dressing up as Mama and Carrying Cinema
    Live streamed from 12pm on Periscope: @waughoffice.
    Performances curated by Mark Segal

    Piazza San Marco, Venice and the Giardini, Castello
    May 11-12, 2017

    Tatsumi Orimoto invites participation in his performance work, Dressing up as Mama and Carrying Cinema, audiences are invited to have an intimate audience through the preview days of the Venice Biennale. Getting lost daily between Piazza San Marco, Venice and the Giardini, Castello, Venice and live streamed from 12pm on Periscope: @waughoffice.

    mn_Bosch_Odai_Orimoto

    折元 立身, ボッシュ・トイレ・ミュージアム 折元男代 96歳, 2015, C-プリント, 190 × 126.8 cm

     

    折元 立身 参加:3331 Art Fair 2017 -Various Collectors Prizes-(アーツ千代田 3331、1階メインギャラリー)

    3.17 – 20, 2017

     

    【3331 Art Fair 2017 -Various Collectors Prizes-】
    会期: 2017年3月17日(金) – 3月20日(月・祝)

    3月17日(金):18:00-21:00
    3月18日(土):12:00-20:00
    3月19日(日):12:00-20:00
    3月20日(月・祝):12:00-17:00

    オープニングイベント(ご招待者のみ)
    3月17日(金):15:00-18:00 ファーストチョイス/特別内覧会
    19:00-21:00 オープニングレセプションパーティー
    休場日:会期中無休

    会場:アーツ千代田 3331 1階メインギャラリー
    〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
    入場料: 一般1,000 円、学生 800 円、ペアチケット1,600 円、高校生以下・障害者 無料
    ※いずれも当日に限り再入場可。 ※入場済チケット提示で、以後1日700円で再入場可能
    主催:3331 Arts Chiyoda

    More Info: http://artfair.3331.jp/2017/

    orimoto-artmama

     

    折元 立身 パフォーマンス:化粧して、アート・ママに成る

     

    11.13, 2016

     

    日時:2016年11月13日(日)
    パフォーマンス:15:00〜
    場所:青山|目黒
    主催:ART MAMA FOUNDATION, AOYAMA|MEGURO
    メイク:富川栄
    ドレス:小高真理(malamute)
    協力:中尾浩治、元田典利、荒木悠、大坂崇、青山秀樹、藤束亮太、藤川琢史、吉田杏、永田晶子、小林めい子

    ———-

    99才になったアートママは、この頃車イスに座っているのが、きつくなったのか、ベットに横に成ってばかりいます。
    もう二人で一緒に作品におさまるのは無理なようなので、こうなったら、化粧して、女装して、私がアートママになってしまえと思い立ち、このような作品をつくるようになりました。

    折元立身
    2016年9月19日 敬老の日

     

    orimoto_mama_ura

    orimoto_busan
    ORIMOTO Tatsumi, <26 Execution>


    Tastumi Orimoto: Busan Biennale 2016 (Busan Museum of Art, South Korea)


    9.3 – 11.30, 2016


    Busan Biennale 2016

    Theme:
    Hybridizing Earth, Discussing Multitude

    Period:
    Sept. 3~Nov. 30, 2016(89 days, Busan Biennale 2016 is closed on every Monday.)

    Venue:
    Project 1 : Busan Museum of Art

    Project 2 : F1963(KISWIRE Suyeong Factory)
    Project 3 : Busan Museum of Art Seminar room, F1963(KISWIRE Suyeong Factory) Courtyard

    Artistic Director:
    Yun Cheagab(Director of the How Art Museum)
    Project 1 Curator :
    Guo Xiaoyan(China)

    Sawaragi Noi, Tatehata Akira, Ueda Yuzo (J-team, Japan)
    KIM Chan dong(Korea)
    Project 2 Curator : Yun Cheagab(Busan Biennale 2016 Artistic Director)
    Project 3 : Busan Biennale Organizing Committee Planning & Academic Program

    Artists·Artworks:
    320 artworks of 121 artists(team) from 23 countries

    Composition:
    Project 1, Project 2, Project 3

    Host:
    Busan Metropolitan City, Busan Biennale Organizing Committe

    Supporter:
    Ministry of Culture, Sports and Tourism



    Busan Biennale 2016 Project 1

    Theme:
    an/other avant-garde china-japan-korea

    Period:
    Sept. 3~Nov. 30, 2016(89 days, Busan Biennale 2016 is closed on every Monday.)

    Venue:
    Busan Museum of Art

    Curator:
    China : Guo Xiaoyan(China)

    Japan : Sawaragi Noi, Tatehata Akira, Ueda Yuzo (J-team)
    Korea : KIM Chan dong

    Artists·Artworks:
    152 artworks of 65 artists(team) from 3 countries



    Busan Biennale Project 2

    Theme:
    Hybridizing Earth, Discussing Multitude

    Period:
    Sept. 3~Nov. 30, 2016(89 days, Busan Biennale 2016 is closed on every Monday.)

    Venue:
    F1963(KISWIRE Suyeong Factory)

    Artistic Director:
    Yun Cheagab(Director of the How Art Museum)

    Artists·Artworks :
    168 artworks of 56 artists(team) from 23 countries



    Busan Biennale Project 3

    Theme:
    Hybridizing Earth, Discussing Multitude

    Period: Sept. 3~Nov. 30, 2016(89 days, Busan Biennale 2016 is closed on every Monday.)

    Venue:
    Busan Museum of Art Seminar room, F1963(KISWIRE Suyeong Factory) Courtyard

    Organization:
    International Academic Program, Warming-up Project, Education Program, Channel B

     

    26 Execution
    ORIMOTO Tatsumi
    Project 1- Busan Museum of Art

     

    Japan’s representative performance artist of today, Orimoto Tatsumi, came across the lingering image of Fluxus, the happenings in New York, and became influenced by them while staying in New York for a long stretch of time, 1971. His work, Execution, will be projected onto a screen which happened in 1579. In this work, the same number of guillotines were used to execute 26 Christian martyrs subject to crucifixion in Nagasaki according to Toyatomi Hideyoshi’s orders in Japan, this device was used around the world Today the baguette, a French bread which has become a part of our life, used to be a political symbol representing the body of Christ in Christian churches. Though it was new to East Asia, after the area of exploration and a bloody history surrounding colonial propaganda and ruthless suppression it has come to have the meaning it does today. He is asking this question once again.

     

    (via: http://www.busanbiennale.org/english/main/index.php)

    アート・ママ+息子

    「アート・ママ+息子」, 2008

     

    折元 立身:生きるアート 折元立身(川崎市市民ミュージアム、神奈川)

    4.29 – 7.3, 2016

     

    会場:川崎市市民ミュージアム 企画展示室1・2
    神奈川県川崎市中原区等々力1-2
    開催期間:2016年4月29日[金・祝] – 7月03日[日]
    開館時間:9:30 am – 17 pm (入館は閉館30分前まで)
    休館日:月曜日、5月6日[金]
    観覧料:一般 700円、学生・65歳以上 600円、中学生以下 無料
    主催:川崎市市民ミュージアム

    生きるアート 折元立身:詳細


    折元立身(1946年川崎生れ、川崎市在住)は、パフォーマンス・アーティストとして、ヴェネチア・ビエンナーレを始め現代美術の前線で、40年以上に渡り、国際的な活動を繰り広げてきました。その作品は、ひとを驚かせるユニークな発想に満ちています。
    90年代には、顔一面にフランスパンを付けた異形で世界各地を旅し、現地の人々と交流した「パン人間」の路上パフォーマンスで注目されます。90年代後半 には、自身が介護するアルツハイマー症の母を作品に登場させた「アート・ママ」のシリーズで世界的に知られるようになり、愛する母とのコラボレーションに よる作家活動としてテレビや新聞・雑誌などでも取り上げられました。
    折元の作品は、さまざまなひとびと(世界各地の道行く人々、介護する母、おばあさんたち、入院している人々…)との即興的なふれあいを通して生まれます。 ふれあいの対象は、人間にとどまらず動物たち(うさぎ、豚、鶏、アルパカ、あひる、魚…)にまで及び、生きとし生けるものとのコミュニケーションをアート にするという独創的な世界を切り開きました。
    本展では、著しい進境を見せた1990年代から今日までとどまることなく繰り広げられてきた折元の創作の軌跡を、映像、写真、グラフィック、ドローイングといった多彩な表現で紹介します。



    【関連イベント】
    ・対談 折元立身×山下里加 「折元さんを知る」
    日程:5月7日[土] 14 – 15:30 pm
    会場:3階 ミニホール
    定員:40名(要・事前申込、先着順)
    参加費:無料

    ・トーク&ギャラリーツアー「折元さんと見る」
    日程:5月14日[土] 14 – 15 pm
    ※当日の展覧会観覧券(有料)が必要となります

    ・新作パフォーマンス発表「車いすのストレス」
    日程:6月11日[土] 14 – 15 pm
    会場:1階 展示空間
    パフォーマー:折元立身
    参加費:無料

    ・アーティストトーク「折元さんに聞く」
    日程:6月25日[土] 14 – 15:30 pm
    会場:3階 研修室3
    講師:折元立身
    定員:30名(要・事前申込、先着順)
    参加費:無料

     

    orimoto_am_2014

    パフォーマンス「車いすのストレス」, 2014, AoyamaMeguro, Photo: Takashi Fujikawa