sasaki_aft

佐々木 健, にゃんにゃ, 2017,キャンバスに油彩, 46×53cm

 

佐々木 健 参加:アートフェア東京2017 関連企画展「Hopin’ Pocketful ポケットの希望」

3.16 – 19, 2017

 

3月16日(木)
16:00-18:00 ファーストチョイス*招待者のみ
18:00-21:00 オープニングプレビュー*招待者のみ

3月17日(金)
11:00-13:00 特別先行入場*招待者のみ
13:00-20:00 公開
3月18日(土)
11:00-20:00 公開

3月19日(日)
10:30-17:00 公開

東京国際フォーラム 〒100-0005 千代田区丸の内3-5-1(JR有楽町駅より徒歩1分)
料金[当日]:1DAYパスポート 2,800円(税込)
料金[前売]:1DAYパスポート 2,300円(税込)/プレミアム4DAYパスポート10,000円(税込)
※小学生以下は保護者同伴に限り無料
前売発売日:2016年12月7日(水)10:00よりチケットぴあ/ローソンチケット/セブン-イレブンほか
お問合せ:一般社団法人 アート東京 〒106-0041 東京都港区麻布台 1-9-12 飯倉台ビル4階
Tel: 03-5797-7912 E-mail: info@artfairtokyo.com URL: http://www.artfairtokyo.com
more info: https://artfairtokyo.com/2017/special_sections

 

本展は、アートフェア東京2017の出展ギャラリーのなかから、未来に向けて羽ばたく若手アーティストの作品を「ロビーギャラリー」で展示販売します。
専門家が選んだ10万円前後から高くても30万円までの、およそ60点の作品を、入場無料エリアで展示します。
日常にアートと希望を。アートのある暮らしの楽しみを伝えていきます。

キュレーター:小澤慶介(アート東京 キュレーター/アートト)
監修:山本豊津(アート東京 理事/東京画廊+BTAP代表)
協賛:株式会社モリモト

会場:ロビーギャラリー
参加ギャラリー:小山登美夫ギャラリー、SCAI THE BATHHOUSE、東京画廊+BTAP、シュウゴアーツほか
※ロビーギャラリーはエントランスフリーでご覧いただけます

Hikarie_sasaki

Ken Sasaki, Rag, 2014, Oil on Canvas, 19×28cm

 

I’m sorry please talk more slowly (渋谷ヒカリエ8/ CUBE 1, 2, 3、東京)

4.1 – 12. 2015

 

installation-view

 

2015年4月1日[水] – 4月12日[日]
“I’m sorry please talk more slowly” Hikarie Contemporary Art Eye vol.1
渋谷ヒカリエ8/ CUBE 1, 2, 3

Open: 11:00-20:00
会期中無休

有馬かおる, COBRA, 松原壮志朗, J・パーカー・ヴァレンタイン, 佐々木健, 森田浩彰, XYZ Club
主催: 青山|目黒, XYZ Collective, MISAKO & ROSEN

 

8/ の3周年を記念してスタートする「Contemporary Art Eye」シリーズ。第1回目となる本展は、青山|目黒, XYZ Collective, MISAKO & ROSENの共催となります。
弊廊からは佐々木 健、森田 浩彰をご紹介致します。是非この機会に足をお運びください。

 

Hikarie Contemporary Art Eye    vol.1

今回、コンテンポラリーアートアイシリーズが始まります。日本の美術のシーンを新しい視点で切り開いていくギャラリーや美術に関わる人に焦点をあて、現代美術のみならず、近代美術、工芸、古美術に至るまで幅広く選んで、紹介することができたらと思います。彼らの独自の視点や方法は、アーティストや美術作品をさらにいきいきとさせ、私たちに届けてくれます。

1回目は現代美術の先鋭的なアーティストを紹介し、国際的な舞台にのせていこうという強い意志を持った2つのギャラリーと1つのアーティストランスペースの展示です。是非、ご堪能ください。 

小山登美夫(本シリーズ監修者)

 

I’m sorry please talk more slowly

本展覧会のタイトル「I’m sorry please talk more slowly 」を起用したのは、おかしなユーモア的センスをこの展覧会に携わる皆さん(企画者やアーティスト)とまずは、共有したいと思ったからです。誰かが誰かに言葉を介して会話をする時、部分的にしか理解していない事があります。会話をするその人にとって、聞こえてくる言葉がきちんとした意味として理解するために相手にゆっくりと伝えてもらうようお願いする事がしばしば必要になってきます。この状況がおかしいのは、部分的にしか理解できなかった言葉が会話として成り立っていくからです。「ゆっくり話して」とお願いした人が今度は、相手の言葉をコミュニケーションのために充分理解しようとするのに、ゆっくりとしたしゃべりが必要になります。

部分的なコミュニケーションであるこの状況は、展覧会の訪問者がアートを理解しようとする時に遭遇する状況と同じです。グループ展のこの状況で、あなたは多種多様なアーティストのそれぞれの作品が、お互いに「ゆっくり話して」と会話を通して要求しあっている事を想像してもいいと思います。この展覧会に集められたアーティストのほとんどは、理解のしやすいおなじみの彫刻、ドローイング、映像といった作品形態を起用しています。ですが、もしかしたらものすごい勢いで伝えようとしているかもしれません。展覧会のこの状況をより楽しい挑戦と捉えようと思います。

Installation view: I’m sorry please talk more slowly

April.1 – 12, 2015

Photo: Kei OKANO

 

sasaki_moirta_20150402_01
sasaki_moirta_20150402_03
sasaki_moirta_20150402_05
sasaki_moirta_20150402_02
sasaki_moirta_20150402_08
sasaki_moirta_20150402_06
sasaki_moirta_20150402_07
sasaki_moirta_20150402_09
sasaki_moirta_20150402_13
sasaki_moirta_20150402_12
sasaki_moirta_20150402_11
sasaki_moirta_20150402_10  

佐々木健 参加 : イタヅクシ  It a Zoo Kushi (愛知)

2014.5.23-7.19

佐々木健が愛知県立芸術大学サテライトギャラリーとSee Saw gallery + Cafeの両会場で開催される展覧会に参加しています。 愛知県立芸術大学サテライトギャラリー 2014年5月23日(金)-6月15日(日) http://www.aichi-fam-u.ac.jp/ja/info-art/item/982-it-a-zoo-kushi.html See Saw gallery + Cafe 前期 2014年5月23日(金)-6月15日(日) 後期 2014年6月21日(金)-7月19日(日) http://www.cafe-see-saw.com/gallery_schedule/

イタヅクシ It a Zoo Kushi 私は「選ぶ」ということを、創造的活動の根源的なものだと自覚し制作をしています。次々に立ち上がる膨大な可能性の中からひとつを選ぶということは当たり前であり、同時にとても大変なことでもあります。今回は同じ作り手として興味(絵肌・抽象・写実)があり、注目している作家たちに展示をお願いしました。自分には到底出来ないことや、思わず真似をしたくなる考え方や制作のあれこれ、など今の私に無いものを秘めた作り手たちです。また、彼らはメディアを自覚的に選び出しているように思えます。油絵を学んだから、と惰性で制作するのではなく、いたずらに懐疑的なだけでもなく、地に足を着け自分から発信しようという覚悟のうえで制作しているようにみえます。そして共通していることは、それぞれが大切にしていることが画面に、表面にあらわれているということです。 今回新たな試みとして、イタヅ・リトグラフィックご協力のもと、池奈千江・井上実・佐々木健・髙木大地・田口美穂・横山奈美の6名が扱ったことのないメディアであるリトグラフを制作します。彼らの研ぎ澄まされたメディアに対する反応がどういった作品を生み出すのか楽しみです。[企画:佐藤克久(美術家)]

 

企画

佐藤克久

協力

イタヅ・リトグラフィック –

佐々木健、五月女哲平 参加 : えをかくこと #1 <絵画の地図> (blanClass、神奈川)

 

佐々木健、五月女哲平がCAMP[えをかくこと #1|絵画の地図]に参加いたします。

7人のゲストが集まる初回以降は6月26日に佐々木健、7月24日に五月女哲平が参加する予定です。 絵を描く人と絵を描かない人と「えをかくこと」について話し合います。 今回は、7人のゲストとあーだこーだ意見を交換し、<絵画の地図>をつくります。これまで実践されてきたアプローチをマッピングすることで、同時代における絵画、あるいはそれを取り巻く社会について考える試みです。

ゲスト:今井俊介(アーティスト)、佐々木健(アーティスト)、五月女哲平(アーティスト)、立花博司(アーティスト)、大槻英世(アーティスト)、荻野僚介(アーティスト)、末永史尚(アーティスト)

日時:2014年5月1日(木)19:30〜22:00 ※開場は16:00

場所:blanClass(神奈川県横浜市南区南太田4-12-16)[地図

定員:30人(予約制) 

参加費:1,200円/1,000円(学生) ※イベントは19時半開始ですが、絵画のマッピングは16時から始めます

CAMP http://ca-mp.blogspot.jp/2014/04/ewkkkt1.html

blanClass http://blanclass.com/japanese/schedule/20140424camp-ewokakukoto-1/

 

yokohama_soul
 
佐々木 健、佐藤純也、橋本聡 参加 : 「撤収!」展 (ハンマーヘッドスタジオ新・港区、神奈川)
 
2014.3.28(Fri)― 4.6(Sun)
 
ハンマーヘッドスタジオ新・港区『撤収!』展スタジオ主催
 
いつもお世話になります。
 
この度、青山|目黒 新港スタジオはハンマーヘッドの撤収に伴い2008年の寿スタジオより続いた横浜での活動を一区切りします。お訪ね戴いた皆様には感謝申し上げます。
今週末よりハンマーヘッド全体での開催の「撤収展」に参加しますのでご案内を差し上げます。
 
参加作家: 佐々木 健(blanClassのイベントの為に制作した絵画.横浜製)/ 佐藤純也(80点組作品.神奈川製)/ 橋本聡(アートフェア東京の現場でボデイビルダーと制作した作品)
 
それぞれ未発表作を沢山お見せしますので是非お出かけ下さい。
 
また30日の14時からは近くの井土ケ谷blanClassにてアヅチ・シュウゾウ・ガリバーが奥村雄樹さんのイベント、ネゴシエーション[肉体契約(番外編)]に参加します。こちらも併せてお出かけ下さい。
_
 

2014.3.28(Fri)― 4.6(Sun)

ハンマーヘッドスタジオ新・港区『撤収!』展スタジオ主催

この春、ハンマーヘッドスタジオ 新・港区は、予定通り2年間の活用を終えます。今回のファイナル展はこれまで開催してきた通常のオープンスタジオとは少し異なり、ここをベースに私たちは何を行なってきて、どこにいくのかを、より積極的な展覧会という形式を通して行なうものです。展覧会と同時にニ年間のスタジオ内外での活動の様子をおさめた冊子(240頁)も発刊します。

日時:2014年3月28日(金)-4月6日(日)12:00-19:30

オープニングパーティ 3月28日(金)19:00-21:00

クロージングパーティ 4月5日(土)19:00-21:00

観覧料:500円(但し会場で500円分使用できるクーポン付き)

主催 撤収!展開催実行委員会 (住民会議+BankART1929+新港ピア活用協議会)

共催 横浜市文化観光局

問い合わせ  BankART1929 045-663-2812 shinminatoku@bankart1929.com

プレスリリース(PDF)はこちら→ http://shinminatoku.bankart1929.com/download/finalPR.pdf

 
 
週末の滞在が中心になりますが、楽しみにお待ちしております。

  newskull

[One Night Painting Show|一晩だけの絵画展〜小林晴夫さんを描く〜]

誰もわからないかもしれないけれど、ここblanClassをはじめて訪れた時、強い感慨がありました。僕の身体の寿命より、多少は長持ちするかもしれない描画材でその場を写実し、記録します。描くことによって、残るものと残らないものをまるごと見届ける、一晩だけの絵画展です。

日程:11月30日(土) 開場:18:00 開演:19:30 入場料:1,200円

ドキュメント:津田道子  

機材協力:ARTISTS’ GUILD http://blanclass.com/japanese/schedule/20121130/

佐々木2013

佐々木 健 : ジーズ /フーリッシュ/シングス

1.26.土  – 2.23.土.2013 ※ open : 11:00 – 19:00 

パーティ:1月26日(土)19 – 21 pm 日曜祝日休業

 

新年おめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願いします。 2013年、始めの企画をご案内申し上げます。

_________________

佐々木 健        ジーズ /フーリッシュ/シングス   1.26 – 2.23. 2013   AOYAMA | MEGURO

_________________

佐々木健(ささき・けん)は1976年生まれ。2002年東京藝術大学美術学部大学院壁画科修了。 一昨年の個展「スティル ライブ」でデビューし、現在横浜「ハンマーヘッドスタジオ」にて 制作活動中です。 前回佐々木は30代半ばにして手習いで油絵を始め、「オーディオ機材」を主題に選び、技術も ままならないのに湛然な手仕事を要する細部の情報の多さ、湿度と翳りを帯びた階調は同時代 の表現からするとすいぶんと様子のおかしい印象を残していました。

今展は大きく分けて2つの絵画のシリーズからなります。 1つは洋画(西洋の様式に描いた日 本の油彩画)への関心から特にブリジストン社製のテニスボールの連作などの静物画に取り組んだシリーズ(洋画史相関図の模写などもここに含みます)等の約10点。もうー方は親族から 着想を得たシリーズで、作家の祖母とその娘達で編んだレースや実兄のメモやスケッチの油彩 による模写など約10点です。 誰もが無関心でいる異性に1人だけ密かに想いを募らせていることもありますが、いずれにせ よ他人様には重要でない主題を、そこに目を付けて凝視しては描写を過剰に折り重ねることで、 実物の見た目より生々しい姿が顕れるのです。

今ヒット曲はカラオケで聴衆自身が歌う時に一番感動出来ると聞きます。佐々木はもはや共通語としては無効になりつつある「洋画」と言うストラクチャーを用いて、こうした現在の東京 や日本を消え行くものを留める様に写実していきたいのです。

また会場では昭和期に一般家庭で見られた家具を再利用した什器に今展の内容に関連した書籍 や資料を陳列し、絵画を補う額縁の拡張として構成します。会期中にはこの空間そのものを舞 台にトークやイベントを開催予定です。 (協力:田中裕之建築設計事務所)

ぜひ本展をよろしくお願いします。

_________

 

ex_sasaki

佐々木 健 : Still Live

2.12 – 3.12.2011

2.12.sat – 3.12.sat.2011
AOYAMA | MEGURO 2-30-6 kamimeguro meguro tokyo 153 – 0051 jpn
*open : 11:00 – 20:00 close: Sunday and Public holidays
Opening reception : 2011.2.12 19 – 21 pm

 

※4/2(土)まで会期延長しています。

平素より大変お世話になります。2月12日より新人佐々木健の初個展を開催致しますのでご案内を差し上げます。
佐々木は1976年生まれ。 2002年に東京藝術大学美術学部大学院壁画科修了、在学中より日用品の取り合わせと映像によるインスタレーションを幾つか模索し、その時期の成果である 金属製バットを手に町中を徘徊し、その先端が音を立てて地を這う様を追ったヴィデオ作品「bat」は好評で、バルセロナの音楽イベント「soner 2006」始め、多くのスクリーニングに招かれました。
その後2008年頃から何を思ったのか急に絵画、しかも一見、とても古典的な写実絵画に転身します。特に09年ミサコ&ローゼンでのグループ展「ゲバゲバサマーショー」ではコントレックスのペットボトルと携帯ラジオを描いた油彩画2点を発表 し、そのどこまでも事物に忠実であろうとする描写は不審な陰影と透明度を携え、ひと際異常なアウラを発していました。「日用品を凝視して、その微細な光ま で描き尽くす」と言う古風な作法を今日の積極的な態度として示したのです。

本展「Still Live」ではターンテーブルやアンプ、ミキサーなどの音響系器機を描いた大作を中心とするシリーズとそれらが活用されるイベントには欠かせないアルコールやグラス、アクセサリやゴミなどの付随物を描いた関連作を発表致します。

町中で見かけた女性に異様な関心を示すかの様な観過ぎな視線と、能力以上に執拗な描写の集積は超絶技巧派とは異次元の、重心の低い硬質な世界を実現しています。

またそこまで丹念に音響機材を描き、どれだけギャラリーに並べたとしても轟音や映像や喧噪がひとつも再現されるはずが無く、その隔たりに有機的な時間と静寂の較差を見出し「無音のフェス」状況のインスタレーションとして試みます。

本展ではこれらに鉛筆によるドローイングも合わせた約20点を展示します。 佐々木 健の初個展をぜひこの機会にご高覧下さい。