nada_soutome

Teppei Soutome, White,Black, Colors, 2015, acrylic on canvas, 362 x 201 cm

 

NADA Miami Beach 2015:Booth #4.17

12.3 – 5. 2015

 

青山|目黒は NADA ART FAIR Miami Beach 2015 に参加いたします。 

 

会期:2015年12月3日 – 12月5日
Admission is free and open to the public.

NADA Miami Beach 2015
The Fontainebleau Miami Beach
4441 Collins Ave
Miami Beach, FL 33140
http://www.newartdealers.org/

 

Artist:
五月女 哲平 / チョシル・キル

Artspace:
http://www.artspace.com/partners/aoyama_meguro
More Infomation:
http://www.newartdealers.org/Fairs/2015/MiamiBeach

 

nada_chosil
Chosil Kil, Apple of her eye, 2015

dallas-chosil

(Installation view of her Solo Exhibition / Photography:Dallas Museum of Art)

 

Chosil Kil : THE SCHOOL OF NATURE AND PRINCIPLE (EFA Project Space, NY)

4.10 – 5.30. 2015

 

April 10, 2015 through May 30, 2015
http://www.projectspace-efanyc.org/the-school-of-nature-and-principle
EFA Project Space,
323 W. 39th St., 2nd Floor, New York NY 10018

Opening Reception: Friday, April 10, 6–8 pm

Participating Artists:
Javier Barrios, Tyler Coburn, Regina Jose Galindo, Rodrigo Hernandez, Federico Herrero,
Akira Ikezoe, Chosil Kil, Catalina Leon, Gabriel Lester, Naufus Ramirez–Figueroa, and Yu–Hsien Su.
Curated by Emiliano Valdes
Newly Commissioned Work by Regina Jose Galindo, performed by the Grace Chorale of Brooklyn, 6:30–7:30 pm
 
The School of Nature and Principle is an ensemble of works speculating on the relationship between metaphysics and various aspects of contemporary society. The exhibition also addresses, partly through the way it was conceived, the gradual evolution (or deterioration) of highly organized thought systems from their initial implementation to their eventual adaptation to society and actual human behavior. Taking Neo-Confucianism as his departure point (specifically the branch known as the School of Nature and Principle, which proposes a way of relating to and behaving in the world), curator Emiliano Valdes has assembled an international group of artists whose work explores the validity of non-rational knowledge, our relation to the natural world and technology, and simply what it means to be alive today.


EFA Project Space is grateful to the Asia Art Archive in America and the Hunter College Department of Art and Art History for their help in facilitating this exhibition.

Chosil Kil,
London-based artist Chosil Kil continues her exploration of the liminal space between interior and exterior; material and immaterial; object and performance. These binaries are considered through references to the artist’s own body, with works such as helium-filled balloons or canvases made of leather/lambskin purposefully hung at the artist’s height. These floating objects and wall-works double as bodies in space that beckon to the viewer, insisting their presence be acknowledged. The artist is also keenly aware of how objects occupy and manipulate space and sound, playing with concepts of volume and resonance.

チョシル・キル:Concentrations 58(DALLAS MUSEUM OF ART、ダラス)

2.20 – 8.2. 2015

 

チョシル・キルの個展がDAM: Dallas Museum of ARTで開催しております。

 

February 20, 2015 to August 2, 2015

Barrel Vault and Hanley, Lamont, Rachofsky, and Stoffel Galleries

 

Directions 

Dallas Museum of Art
1717 North Harwood
Dallas, Texas 75201
 

Hours 

Monday: Closed
Tuesday: 11:00 a.m.–5:00 p.m.
Wednesday: 11:00 a.m.–5:00 p.m.
Thursday: 11:00 a.m.–9:00 p.m.
Friday*: 11:00 a.m.–5:00 p.m.
Saturday: 11:00 a.m.–5:00 p.m.
Sunday: 11:00 a.m.–5:00 p.m.
 
Closed Thanksgiving Day and Christmas Day 

* On Late Night Fridays (third Friday of the month, excluding December), the Museum is open until midnight.

 

Summary

In her first U.S. museum solo show, London-based artist Chosil Kil continues her exploration of the liminal space between interior and exterior; material and immaterial; object and performance. These binaries are considered through references to the artist’s own body, with works such as helium-filled balloons or canvases made of leather/lambskin purposefully hung at the artist’s height. These floating objects and wall works double as bodies in space that beckon to the viewer, insisting their presence be acknowledged. The artist is also keenly aware of how objects occupy and manipulate space and sound, playing with concepts of volume and resonance. 

For Concentrations 58: Chosil Kil, the artist will present a new site-specific installation in the DMA’s Stoffel Quadrant gallery including a group of new wall works. Off-site performances are planned and will be announced at a later date.  The DMA’s Concentrations series began in 1981 and presents project-based solo exhibitions by international emerging artists.

Admission is FREE

 

 

ArtAsiaPacific最新号(March – April 2015号)でチョシル・キルの特集が組まれ、昨年弊廊で発表したDoublesが表紙に選ばれています。

http://no.zinio.com/magazine/ArtAsiaPacific/pr-500651922/cat-cat1960040

cover chosil

 

Nada_Miami_2014

NADA Miami Beach 2014:Booth # 3.11

12.4 – 12.7.2014

 

青山|目黒は NADA ART FAIR Miami Beach 2014 に参加いたします。 

 

会期:2014年12月4日〈木〉 – 12月7日〈日〉

NADA Miami Beach 2014
The Deauville Beach Resort
6701 Collins Ave
Miami Beach, FL 33141
http://www.newartdealers.org/


Artist:
田中功起 / ロッテ・ライオン / 五月女哲平 / チョシル・キル / 青田真也

Artsy:
https://artsy.net/show/aoyama-meguro-aoyama-meguro-at-nada-miami-beach-2014

More Infomation:
http://www.newartdealers.org/Fairs/2014/MiamiBeach

nada_teppei_soutome

五月女哲平, Pink,  blue,  and the others, 2014, acrylic on canvas, 1950x1290mm

 

IMG_4719.5

チョシル ・キル : Under35 チョシル ・キル 展 (BankART Studio NYK 1F / Miniギャラリー、横浜)

9.5 – 9.17.2014

 

[ 東アジアの夢ーBankART Life 4
  Under35 チョシル ・キル 展 開催のお知らせ ]

 

■「Under35 チョシル ・キル 展」
会期:2014年9月5日(金)~ 9月17日(水)10:00~19:00
◎オープニングパーティ 9月8日(月)18:30~
会場:BankART Studio NYK 1F / Miniギャラリー
〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9 BankART Studio NYK
TEL 045-663-2812  FAX 045-663-2813
info@bankart1929.com
http://www.bankart1929.com
企画協力 : 青山|目黒
観覧には、「東アジアの夢ーBankART Life 4」パスポートが必要です。
尚、「東アジアの夢ーBankART Life 4」には青田真也も参加しています。

料金:ヨコハマトリエンナーレ2014連携セット券 一般 2,400円 大学・専門 1,800円 高校生 1,400円
※連携セット券=「ヨコハマトリエンナーレ2014」「黄金町バザール2014」にも入場できます。
※BankART Life 4の単独パスポート¥1,000も販売しています。

展覧会特設サイト :  http://www.bankart1929.com/eastasia/

Installation view チョシル キル:The eagle has landed

4.19. sat – 5.24. sat. 2014

Movie :  https://vimeo.com/96776871

_DSC2136_s

_DSC2279_s

_DSC2407_s

_DSC2408_s

_DSC2165_s

_DSC2289_s

_DSC2257_s

_DSC2253_s

_DSC2294_s

_DSC2190_s

_DSC2146_s

_DSC2155_s

_DSC2157_s

_DSC2159_s

_DSC2193_s

_DSC2222_s

_DSC2224_s

_DSC2237_s

 


male_handshake_219503

チョシル・キル:The eagle has landed

4.19. sat – 5.24. sat. 2014
※ open : 11: 00 – 19: 00   日祝休
Installation view

オープニングレセプション:4月19日(土)19 – 21 pm



バス停がある。ドイツのどこかに。アルツハイマーや認知症を煩う人々の看護施設の前。
逃げた患者はそこで見つかる。彼らは帰るためのバスを待っている。

ただし、それは本当のバス停ではない。
つくりごと。
レプリカ。
プラシーボ。

“ 心理的効果だけの気休め薬;ある薬の薬効を実験するために服用させる偽薬。”

練習のために運転しているこの車があなたの一部にならないといけないと教習所の先生は言う。
歩く時に足を動かしていることを普段考えないでしょう?と彼女は訊いてくる。
そして先生も自分の質問に答える。[はいはい] そのまま足を動かしてみて。
そう、そんな感じ。左足を前に出してから右足を前に出す。左右。左右。左。右。
左。
右。

運転は疲れるということを思い出す。
絶え間ない流れ、次の動きを意識する。左。右。左、そして右。
もはやこの一連の行為を意識できない。
私は機械の一部になったのだろうか?

概念的に間違っている。
全く間違っている。
だからグーグルグラスは完全に間違っている。
でも、スタジオのベネチアンブラインドから覗きたくて仕方がない。外に停めてある自分の車を見 る。大丈夫かな、と念のために確認する。何が大丈夫なのかはわからない。今日は晴れている。
快晴。日焼け止めを塗ろう。
交通監視員が路上の車を全てチェックしているのが見える。私の車を見ている彼を見る。
今私は可能性を数えている。
革の店
風船の店
金物屋
おもちゃ屋
金属研磨機

発進。



sculptures

-スカルプチャーズ- 恋とは悲しきもの

2.17 – 3.2.2012

田中功起 ロッテ・ライオン ユーアン・マクドナルド チョシル・キル 青田真也 森田浩彰 岡崎和郎

 

【- スカルプチャーズ – 恋とは悲しきもの】
2月17日(金)~3月2日(金)*初日17日は夜9時までオープン致します。
news // 2012.2.15
____________
【森田浩彰、青田真也参加グループ展 / RYUGU IS OVER!!竜宮美術旅館は終わります】
参加作家(全14組):青田真也 、淺井裕介、臼井良平、狩野哲郎、志村信裕、武田陽介、冨井大裕、
丹羽良徳 、森田浩彰+大久保あり、八木貴史、安田悠、SHIMURABROS.、mamoru、Yu Cheng-Ta
2月17日(金)~3月18日(日)全20日間
開館時間:月・金・土・日/13:00-21:00
※一部の作品は20:00までの鑑賞となっております。
会場: 竜宮美術旅館
入場料:500円(期間中何度でも入場可)
 
【津村陽子 / 個展開催】
 
2月21日(火)~3月3日(土)ギャラリー16にて
【五月女哲平 参加 /  VOCA 2012 -新しい平面の作家たち】
3月15日(木) ~ 3月30日(金) 会期中無休
10:00 ~ 17:00(入場は閉館30分前まで)
*木・金・土曜日 18:00 閉館
入場料 : 一般・大学生 ¥500 高校生以下 無料|上野の森美術館
______________________________________
【 鈴木光上映会 Hikaru Suzuki FILM SHOW / 企画 KAYOKOYUKI 】
3月3日(土) 
#1 17:30 開場/18:00 開始 
   20:30- トークショー 
[鈴木光/粟田大輔(美術批評家)/奥村雄樹(美術作家)] 
3月4日(日) 
#2 14:00 開場/14:30 開始 ※途中入場ができませんのでご注意下さい。 
#3 17:00 開場/17:30 開始 
   20:00- トークショー 
[鈴木光/佐々木敦(批評家/音楽レーベルHEADZ主宰)/薮前知子(東京都現代美術館学芸員)] 
全4作品(128分) 各回1200円(トークショーを除く) 
[お問い合わせ]KAYOKOYUKI
Tel:090-1819-1664 / info@kayokoyuki.com 
_________________________
【 亜 真里男|アートフェア東京2012】 
3月30日(金)~4月1日(日)
東京国際フォーラム http://www.artfairtokyo.com/
アートフェア東京に青山|目黒officeで出展します。概要は追ってお知らせ致します。
__________________________
青山|目黒
 
 東京メトロ 日比谷線 東横線 中目黒駅 8分 
東急バス
渋谷より 渋谷71洗足駅行 バス停東口52けこぼ坂
恵比寿より 恵比寿32 用賀駅行 バス停は西口4 けこぼ坂
目黒より 黒06 三軒茶屋行  バス停は西口2祐天寺

Chosil Kil

(One hour) long exhibition

 

With paintings by Chosil Kil, sculptures by Marie Lund, sound by Tr

Kirstein&Johns Lunds

10th November, 7 – 8 pm

 

Supplement

www.supplementgallery.co.uk

16Chosil KilChosil Kil《Glasses》15×6×3.5cm A pair of glasses

チョシル・キル:RING THE BELL

9.13 – 10.10. 2009

 

Go to “File” of this artist

About

青山|目黒では9月12日より、ロンドン在住の作家Chosil Kil(チョシル キル)の日本での初個展を開催致します。

Chosil は1975年生れの韓国出身。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート卒業。グループ ‘Janfamily’ にも参加していたヨーロッパでは近年展示が続く新鋭作家です。本展でもPlatform hormone hgh Seoul 2009(キュレーター:Sunjung Kim)の開催直後の来日になります。

彼女の仕事の多くは既にあるモノを用いた立体作品ですが、それらが元々もっていた役割を解体して、歴史的な背景も再配列する事によって、新たな可能 性を示唆し、個人的なきっかけに端を発し乍らも無限の人々がアクセス出来る余地を残し、視覚的にも魅力的なフォームを提示して見せるのが特徴です。

本展は2週間後に開催されるベルリンのGalerie Opdahlでの個展と対になり、呼応するプランです。

青山|目黒ではTreated Objects、A Half、2009(右利きで使う対のモノ達。それの半分)、Galerie OpdahlではTreated Objects、Other Half、2009(左利きで使うモノ達。もう半分)のそれぞれを中心とする構成になる予定です。

ギャラリーを訪れた方は、カタログ(ギャラリーにて展示販売致します。)を閲覧することで間接的にもう一方の展示を観ることができます。

昨年の東京での滞在制作作品や会期中に作家が普段使用している眼鏡を展示する「Glasses 」を含む、新作約9点で構成致します。

どうぞこの機会に是非ご高覧下さい。